皆様、こんばんは!
本日の内容は前回からの続きとなっています。



今回は、前回のブログの最後に出した問題の答えについて
書きたいと思います。

右(→)の画像について、"現実の「ドラクエ2」では dq2.jpg
あり得ない点は何でしょう?"という問題でした。

答えは・・・

"主人公の名前(ここでは「トラぽん」)"です。

いや、"トラぽんがゲームの主人公なんてあり得ない"、という
話ではありません。

では、どういうことかというと・・・

1987年、発売当時のゲームの容量は、今では考えられない程
少なく、文字もカタカナは一部の文字しか使えなかったんです。

ゲームの主人公の名前を自由につけることはできたのですが、
カタカナでは全ての文字が使えないため、つけられる名前は
ひらがなだけ、そして4文字までと決まっていました。

濁点「゛」や半濁点「゜」は、それだけで一文字。
(その方が、濁点・半濁点付のひらがなを全て登録するより
容量が少なくてすむからだそうです)

ということは・・・・・

主人公に「トラぽん」とつけたくても、当時は「とらほん」または
「とらぽ」としかつけられなかったんですね・・・

「とらほん」・・・・・「とらぽ」・・・・どれもブログ用の画像としては
イマイチ・・・(´・_・`) 変! うーむ。。。

苦肉の策として、あり得ないのは承知の上で、「トラぽん」の名前で
画像を作成してしまった・・・というわけでした。



昔のゲームは容量が少なかった、と書きましたが、一体どのくらいだったと
思いますか?

例えば、今回例に出した「ドラクエ2」は、128キロバイトだそうです。
128キロバイトって・・・??

下の↓写真が、ちょうど128キロバイトです。
こんな写真1枚程度の小さな容量に、あの壮大なストーリーや街並み、
素晴らしい音楽などのデータが全て入っていたなんて、驚くしかありません!
切り詰めて切り詰めて・・・やっと出来上がったものだったんですね...1706221.jpg
余談ですが、このスライムのぬいぐるみは、27年前、私の高校合格祝いに
弟がプレゼントしてくれたものです(^_^;)

当時はもちろん何も考えずゲームをやっていましたが、制作にあたってそんな
涙ぐましい努力があったといういきさつを知った今、30年前という時代が、
そしてこの「ドラゴンクエスト」というゲームが、とても愛おしく思えてしまう
今日この頃です。


かいしんの一滴



久しぶりに、心ときめく商品に出会いました。


スライムの目薬♪


えー、"スライム"といっても、これ ↓ ではありません。
           toy_slime_suraimu.jpg

本日の話題の"スライム"は、国民的人気ゲームと言われる
「ドラゴンクエスト」シリーズの、一番弱い敵の"スライム"です。


母がテレビのCMを見て、「スライムの目薬が出たらしいよ!」
「スライムの目薬」「スライムの目薬」とさかんに話題にするのですが、
私はそのCMを一度も見たことがなく、"ふーん。可愛いのかな"ぐらいに
軽く考えていました。


そして、いざ実物を見たら・・・
170621_1.jpg
か、かわいい・・・!!!

皆様のまわりでも話題になったのではないでしょうか?


slime.jpgのサムネール画像
        170621_7.jpg



元々ドラクエが大好きなわたくしは、店頭にあった
この ↑ コピーにもやられてしまいました! 
ゲームを彷彿とさせる...
(→参考までに。。。ドラクエ1の画面引用)





そしてもう一つのキャッチコピーが「かいしんの一滴」。
  170621_6.jpg
これも、ドラクエをご存知ない方には "??" かと思いますが、
ゲームの中で、敵への攻撃の時に運がいいと出る「かいしんのいちげき(会心の一撃)」
(通常を上回る威力の一撃)をもじったものですねぇ。

そして、箱や説明書までもがドラクエを再現していて、もはや目薬とは思えない(^_^;)・・・

170621_2.jpg   170621_3.jpg

ここまで本格的なこだわりように、すっかり魅了されてしまいました♪

それはともかく、会社でドラクエを知らないスタッフにも話をしたら、
"可愛い""欲しい"とにわかフィーバー。

しかし、、、

発売から日があいてしまっていたため、皆で散々探し回ったにもかわらず、
スライム型容器の目薬は売り切れで、どこにもありませんでした(T_T)

ネットでわずかに買えなくはありませんが、価格が驚くほど高騰。


ちなみにスライム型のケースがおまけについた商品もあります。
(そちらは、目薬はスライムではなく通常のものですが・・・)

ケースはこちら ↓
170621_4.jpg

(心の声)
ドラクエ未体験者:「色違いもあるんだー」
ドラクエ体験者:「スライムだけじゃなくて、スライムベスとメタルスライムもあるんだー!!」


このケースは、いろいろな種類の目薬がすっきり納まる優れもの!
170621_5.jpg


全部揃えて、目薬だらけになったわたくし。

早速、清涼感レベルが「最大」という目薬を、会社でパソコンの見過ぎで
疲れた時に、さしてみました。

170621_8.jpg


ヒョォオオオオオ・・・!(((゚Д゚)))


涙が出るほど強烈 (。>_<。) !!tsuukon.jpgのサムネール画像


これは・・                      


「かいしんの一滴(=かいしんのいちげき)」ではなく、「つうこんの一滴
(=つうこんのいちげき /  痛恨の一撃)→」をくらった気分です(>_<)


まあ...これで、シャキッと!さらに仕事を頑張りましょう(^_^)


ところで・・・
久しぶりにやりたくなったなぁ・・・「ドラゴンクエスト」(旧作)。

dq2.jpg

さて、ここでおまけ!

本日のブログの趣旨とは全く関係ありませんが、マニアック問題を一つ。

【問題】
上の画像は、1987年発売のファミコン版「ドラゴンクエスト2」の画面を
模して作ったものですが、実際の「ドラクエ2」の画面では絶対にあり得ない
点があります。
(注・「ドラクエ2」はその後様々なゲーム機用にリメイクされていますが、
オリジナルのファミコン版では、ということで・・・)

さて、それは何でしょう?

わかった人はかなりのドラクエ通!(・・・そして、いいご年齢!?^_^;)


圧巻の紫陽花

170616_1.jpg

こんばんは。

しばらくブログを書いていないな・・・と思ったら、早くも
半月以上が過ぎていました(汗)

週末の金曜日ですが、今、海外にいらっしゃっているお客様からの
連絡待ちのため、ちょっと時間ができましたのでブログを書きたいと
思います。



毎年のことではありますが、会社の向かい側の「東京スクエア
ガーデン」の紫陽花が見頃を迎えています♪

ランチの時間に思わず写真を撮ってしまいました。

ここの紫陽花は薄い水色の花が多いです。
清楚な感じでなかなかお気に入り(*´∀`*)

 170616_2.jpg

ところで・・・地面に生えているものも美しいのですが、ここスクエアガーデンは
なんといっても!!!

"ビルに生えている紫陽花" が圧巻なんです。

写真では小さくしか見えませんが、2階、3階に咲いている花は
全部紫陽花!満開時は本当に見事で、ちょっとした名所と言えるのではないでしょうか!?170616_3.jpg
「東京スクエアガーデン」が一年で最も華やぐ季節の到来です♪☆


新緑の季節

170528_2.jpg  170528_3.jpg

こんばんは。

昨日のブログは真冬のような写真ばかりだったのですが、今回の旅、
ちゃんと(?)この季節ならではの場所にも行ったんです(^_^;)

上の写真は、青森県の十和田湖です(正確には湖は秋田県とまたがっていますが、
こちらは青森県側)。高村光太郎最後の作品、「乙女の像」があります。

日本で3位の深さを誇る十和田湖を、まずは遊覧船でのんびり一周。
170528_4.jpg  170528_5.jpg


カルデラ湖なので、外部から水が流入することが無く、透き通っています。
最も透明度が高いのは8月で、春はプランクトンの影響で四季の中でも一番
透明度は低いそうですが、それでも美しいグラデーションの湖でした。

湖畔の散策も清々しいです♪



その十和田湖から流れ出た水(川?)が奥入瀬渓流です。

新緑の季節の東北の見所といえば、奥入瀬渓流が真っ先にあげられる
のではないでしょうか!?

170528_1.jpg (銚子大滝)

眩い新緑。緑一色の世界。

太陽が当たり、木漏れ日によって木々がキラキラと光ると、
それはもう息を呑むような光景が広がります。

170528_8.jpg  170528_9.jpg

心が洗われます。

170528_6.jpg  170528_7.jpg


えー・・・ここで一つ現実的なことを言ってしまうと・・・(・_・)
※注・興覚めな話を聞きたくない方は、次の写真までの文章を
 読み飛ばしてください。。。(^_^;)

十和田湖の水も貴重な資源であるため、夜間や冬は水門によって
水源が閉められます。

すると、十和田湖からの水が流れず、奥入瀬渓流に水が無い!滝も無い!という
状態になります。

奥入瀬の水の流れが、人の手によってコントロールされていたものだったとは!
L(・o・)」 Oh, my god!

現地のガイドさんの話を聞いたところによると、夏、渋滞で夜に現地に
到着した方が、水の無い奥入瀬渓流を見て相当なショックを受けたとか・・・。

170528_11.jpg


新緑は、自然の息吹が実感できるとても素敵な季節ですが、今回、
どこに行っても多くの観光客に出会うということがありませんでした。

東日本大震災以降、観光客が激減し、十和田湖周辺でも宿泊施設や
お土産屋さんが廃業・閉鎖してそのまま廃墟となっている建物が
多く目につきました。
まだまだお客さんが戻っていないな...と実感しました。

「来てくれるだけで、ただそれだけで嬉しいんです」

現地の方の、実感のこもったその言い方がとても印象的でした。



東北には素晴らしい場所がたくさんあります。
皆様も、是非訪れてみてはいかがでしょうか(^o^)


(岩手山)
170528_12.jpg

神秘の沼 -ドラゴンブルーアイ-

170527_1.jpg
こんばんは。

前々回のブログで、桜の季節もフィナーレ、とは書いたのですが・・・
わたくし、この週末は桜よりもさらに季節を逆戻りして、真冬のような場所に
行ってまいりました!

写真は、岩手県の八幡平の山頂近くにある沼で、雪解けの様子がまるで
竜の青い目(ドラゴンブルーアイ)に見える!と、昨年あたりから
注目されるようになった場所です。

周辺には他にもいくつか沼があるのに(↓例えば下の写真)、このような
丸い形に雪解けが進むのはこの沼だけ。
170527_4.jpg  170527_5.jpg

なぜ丸く解けるのか、理由はわからっておらず、とっても神秘的なんです。

正式な名前は、空と森を映すことから「鏡沼」と言いますが、
話題に乗じて今年から「八幡平ドラゴンアイ」という名称が
観光協会によって正式につけられたそうです。

確かに、「鏡沼行かない?」と言われても全くピンと来ませんが、
「ドラゴンアイ見に行かない?」と言われれば「何それ?どんなところ?」と
まずは興味をもってもらえそうなインパクトがありますね...

雪解けの形は、年によっては形の良い丸にならず三日月型だったり、
水の色も年によって違います。
さらに、標高が1,600m近くある山頂なので、霧が発生しやすく
運が良くないと沼の姿を見ることさえできません...

しかも、最寄の駐車場からこの沼までは、まだまだ雪深い道を
15分程歩かなければなりません...
170527_2.jpg  170527_3.jpg
5月の終わりにこんな雪景色に出会おうとは・・・

この日の山頂付近の気温は6℃。寒い((´д`))
雪道用に長靴などの装備が必須でもあり、なかなか手軽に行く!というわけには
いかないところがちょっと難点...

暖かい日が続けば、雪は急速に解けていき、"目"も消滅してしまいます。
まさに、5月末から6月初めの今の時期にしか見られない、自然が織り成す
絶景です。

まだまだ知られていない今のうちに訪れるのがオススメです!!

熊本 復興城主証

こんばんは。

昨年12月に熊本を訪れた際、熊本城の「復興城主」になって来たのですが、
今になってやっと熊本市から「城主証」が届きました。
当初、3月の始めには来ると言われていたのに・・・。

 ↓B4位の大きさの、かなり大きな城主証。「折曲厳禁」で送られて来ました。
170520_2.jpg

 ↓日付はちゃんと、申し込みをした日になっていました。
170520_1.jpg

同封されていた案内文によると、予想をはるかに上回る申し込みがあり、
手続きが追いついていないようです。

申し込んだ時のブログを読み返すと、あの当時で3億円超えと書いていますが、
案内文には、4月末の時点で9億9千万円以上になったとありました。
その後もGWに寄付が殺到し、あっという間に10億円を超えたようです。

それでも、復旧・復元には634億円かかる見込みだそうなので、まだまだ
道のりは遠そうです...。


熊本城の近くの施設に、城主名が検索できる「デジタル芳名板」があるのですが、
それもまだ昨年12月9日受付分までしか掲示されていないとのことで、とすると
私の名前はまだない・・・(´・ω・`) しょぼーん



現在の熊本城ですが、報道によると、ちょうど本日から大天守の最上階を
解体しての復旧工事が始まるそうです

一日も早く、あの美しい姿を再び見られる日が来ることを願ってやみません。

170520_4.jpg170520_3.jpg
            (2014年5月撮影)

2017年の桜・フィナーレ

170504_1.jpg

皆様、こんばんは!
えー・・・・、しつこいようですが、桜の話題がまた続きます(^_^;)

このGWは、今年最後の桜を見に日帰りドライブに行って来ました。
しかも、また福島県へ(^_^;)
なんと、2週間以内に3回も福島に行ったことになります。。。

今回は、福島県内でも最も開花が遅い地域(たぶん・・・)である
裏磐梯、猪苗代方面です。

5連休2日目の5/4。
朝5:30に自宅を出発。300km弱の距離を5時間かけ、まず行ったのは
観音寺川の桜並木です。福島県では定番のスポット。

川の両側から覆いかぶさるような圧巻の桜!
のどかな川と満開の桜に桜吹雪...。見事としか言いようがありませんでした。
170504_2.jpg   170504_3.jpg

駐車場は、多少並んでいましたがそれでもすぐに入れ、しかも無料というのが
東京では考えられない幸せ。

桜並木は1kmほどあって、往復で1時間ちょっとのんびり散策したら、もう12時近く。
ここは混んでいるし、次に行く場所にはお店がないし・・・
ということで、屋台でお昼ご飯を仕入れてから移動することに。


■亀ヶ城公園

福島といえば、何といっても鶴ヶ城が有名ですが、鶴に対抗して(?)
亀ヶ城(跡だけですが...)もあるんです。しかもこちらも桜の名所です!

鶴ほど有名ではなく、とっても広ーい公園に、人はまばら。

残雪の磐梯山と満開の桜・・・という絶好のコラボレーションも、
独り占め♪の気分です。

170504_9.jpg

芝生広場やベンチもあり、場所は取り放題。
こんなに素晴らしい景色を眺めながら、先程仕入れたお昼ご飯を食べて、
喧噪とは無縁の最高のお花見(^O^)♪

170504_7.jpg

まさに百花繚乱!!太陽の光に輝く桜が眩しいくらいです。
170504_8.jpg  170504_10.jpg


■磐梯山牧場

先の2ヶ所とここは全て近距離にまとまっているので、簡単に行くことが
できます。

牧場といっても特に何もなく、駐車場も止め放題。
磐梯山がより間近に見られるスポットです。

170504_6.jpg

大河ドラマ『八重の桜』のオープニングのロケ地として有名なのだとか。

磐梯山と桜並木を見ながらのドライブ...
170504_13.jpg  170504_5.jpg


■桜峠

他の3ヶ所(猪苗代)とは車で1時間弱離れた裏磐梯にあります。

2001年、愛子様の誕生を祝って全国からオーナーを募り植樹した
2001本のオオヤマザクラが、成長してだんだんと見ごたえのある木に
なって来ました。

170504_4.jpg

一本一本、オーナーの名前が記された桜の山の中を少し歩きますが、
辿り着いたその先にあるのが、桃源郷と見紛うばかりのピンク色の峠!

170504_11.jpg  170504_12.jpg

まだまだ桜の名所としては新しく、地元の方以外にはほとんど知られて
いないのではないかと思います。

木がもっと成長すれば、いずれは日本を代表する桜の名所になるかもしれません!


今年は、いつになくたくさんの桜を追いかける年になりました。
が!さすがに今年の桜はこれで見納めになります。

福島県は今まであまり行く機会がありませんでしたが、知られざる素晴らしい
スポットがたくさんあるんですね!
皆様、来年のお花見計画にいかがでしょうか。

2017年の桜、フィナーレでした!

東北でよかった。

170429_4.jpg皆様、こんばんは!

前回、福島のことをブログに書いたすぐ後に、某大臣の失言から
このような形で東北が注目されることになるとは思ってもみませんでした(・_・)
失言を逆手に取り、「#東北でよかった」と、東北の方が東北の良さを
SNSで広げる流れが起こったとか。

私は東北の住人ではありませんが、父の実家が福島なので
全く無縁ということもありません。...いや、親戚がたくさんいるので
むしろ縁は深い方です。

ということで、今回も東北の素敵な場所を一つご紹介したいと思います♪



写真は、福島県の桑折(こおり)町にある、「半田山自然公園」です。
透き通って綺麗な半田沼を中心とした公園が整備されています(無料)。

桜の時期に行ってみたいと思っていたところ、先週木曜日にソメイヨシノが
満開になったとの情報をキャッチ!
思い立って土曜日にまたまた新幹線日帰り旅をして来ました。
(このところ桜前線を追いかけ続けていて、桜の話題ばかりでスミマセン...)

半田山は標高が863mあるため、周辺の町より開花が遅いんです。

花の状態と天候の条件が良ければ、様々な種類の桜のピンク色が沼に映り込み、
まるで絵画のような、ため息の出る美しい光景に出会えます。

170429_10.jpg

沼の周りは1周約1.2kmの遊歩道になっていて、のんびり歩きながら
沼と桜の眺めを楽しむこともできます。

沼の青に桜の薄ピンクが映えます♪
170429_11.jpg  170429_12.jpg

遊歩道の中間付近。
この辺りは、立派なソメイヨシノが咲き誇っていました。

こんなベンチに座って、沼と桜を見ながらお弁当・・・
いいですね(*´∀`*)  やっている人は少なかったですが...
170429_7.jpg  170429_6.jpg  

一周まわって終わり付近。
この場所の映り込みも綺麗です。
沼の中にある木の幹も、絵のような情景に一役買っているような・・・
  
DSC00042-5.jpg

こんなに素敵な場所なのに、お客さんはそれほど多くなく静かです。
束の間の休日を十分満喫できました(´∪`)



ところで・・・

この半田山自然公園に行くには、最寄駅が東北本線の「桑折(こおり)駅」に
なります。

新幹線の福島駅からは3駅(13分)という近さながら、駅がのどか過ぎる(・_・)
電車は1時間に1本か2本しか来ず、駅前もほぼ無人(右の写真、真ん中の小さな
家のようなものが駅舎)。時折、新幹線が物凄いスピードで通過して行きます。
170429_8.jpg  170429_9.jpg

半田山の桜に合わせて、"土日祝日は駅からの臨時バスを運行!"とあったので
さぞかし混み合うのだろう、乗れなかったらどうしよう、と思っていたら・・・

行きも帰りも乗っていたのは私の他には一人だけ( ・.・) オヤ?

帰りに乗り合わせたおじさんは立派なカメラを持っていて、
同じくカメラ好きだという運転手さんと出発の時間までカメラ話で盛り上がる・・・
というなんともほのぼのした雰囲気でした。

そのおじさんと運転手さんとの会話を盗み聞きしたところ(他にお客さんが
いないので普通に聞こえる)、昔はバスにもそれなりの人数が乗っていたものの、
みんな車になり、最近はあまり乗る人がいなくなったとのこと(ちなみに車は
すれ違うのが難しいほど道が狭いです!)。

地元の人ではなくもっと遠方のお客さんにこの場所を知ってもらう
必要があるのかもしれませんね。

半田沼の桜のことは、ガイドブックにもほとんど載っていないと思います。
人の知らない名所に行きたい方は是非!オススメです♪



今回は、東京での喧噪を忘れる、穏やかで癒しの旅となりました。

ーーー「東北でよかった」

福島の桜

170423_2.jpg  170423_3.jpg

170423_6.jpg

こんばんは!

先週の京都に続き、桜前線を追いかけて
この週末は福島に行って来ました。

ここは、福島で最近1、2を争う人気のお花見スポットです♪

その名も「日中線記念自転車歩行者道」...
長くて覚えられない(・_・)
170423_4.jpg     170423_5_3.jpg

日中線とは・・・?
・・・日本と中国の戦い(日中戦)、ではありません。
かくいうわたくし、最初はそのような想像をしてしまいました(´・Д・`)

日中線とは、喜多方から日中温泉付近までの予定で工事が
進められていた、国鉄の路線の名前です。

戦争により途中の熱塩駅(昭和13年開業)までで工事は中断し、
結局「日中」のあたりは全く走ることなく、昭和59年に廃線になって
しまったとのことですが...。

その跡地を"しだれ桜の散歩道として整備しよう!"というプロジェクトがあって、
それが現在喜多方駅から3kmの長さにまでなっています(最終目標は
旧熱塩駅までの8.5kmなのだそうです)。

途中に、当時運行されていたSLも展示されていて、桜とともに人気の
スポットになっています♪

今年は桜の開花が昨年よりだいぶ遅れていて、先週金曜日の時点で
「2分咲き」という情報でした。

先週の京都のように日を選んで行くことができず、"桜、難しいかなぁ。。。"と
思っていたのですが、週末の暖かさで一気に開花してくれたようで、
絶好の青空の下、周辺の満開のソメイヨシノや、正面に見える残雪の磐梯山と一緒に
素晴らしい景色を堪能できました(^o^)

この場所、まだまだ全国的には知られていないと思います。
これから人気が高まるのは間違いないのではないかと思います♪



ついでに、他に訪れた場所も少しご紹介したいと思います。

■花見山公園
170423_7.jpg

ここは、昔からよく知られた福島県有数の花の名所です。

驚いたのは、何と桜と紅葉が一緒にある・・・?!

一瞬、今が春なのか秋なのかわからなくなる程真っ赤に染まった場所も
ありましたが、これはデショウジョウというカエデ科の木で、新芽が赤く
「春もみじ」と呼ばれているのだそうです。

桜と紅葉が同時に見られるなんて、なかなかないのではないでしょうか(人´∀`)


■五色沼(毘沙門沼)
170423_8.jpg  170423_9.jpg

さまざまな青色を見せるいくつかの沼で構成された、「五色沼湖沼群」の中で
最大の沼。
エメラルドグリーンが美しい。。。奥には磐梯山がくっきり。
隣で見ていた中国人らしき男性に、「ココキレイネ」と話しかけられました(^_^;)

このあたりは4月後半の今でも雪深く、夜は氷点下(゚ロ゚)。
春の訪れはまだまだ先の印象です。


■道の駅「猪苗代」
170423_10.jpg  170423_11.jpg

昨年11月にオープンしたばかり。
磐越道の猪苗代磐梯高原ICからすぐの場所です。

後ろには磐梯山がそびえていますが、とにかく敷地が広い・・・・
道の駅は数知れず行きましたが、ここまで壮大なスケール(?)の
道の駅はなかなかありません(^_^;)

もちろん、お土産もとっても充実していて大混雑でした。



福島の桜は、GWにちょうど見頃を迎える場所も多いです。
復興に向けて進む福島県に、是非足をお運び下さい!

akabeko.jpg ←赤べこ

※会社の先輩が「赤べこは福島じゃなくて山形でしょ?」などと
 言っておりましたが、福島県会津地方の郷土玩具です。。。。



京都の桜

170415_1_1.jpg  170415_2.jpg

皆様、こんばんは!

土曜日に、日帰りで京都に行って来ました。
目的は、桜を見るためです。

なぜ日帰りかというと・・・
桜って、紅葉以上にベストな時期を予想するのが難しいですよね(;´Д`)
そしてさらに、その期間はとても短い。。。

というわけで、前から、ちょうど満開の時期(もちろん週末...)に
晴れそうな日があれば日帰りで行こう!と会社の先輩と決めていたんです♪

先週末はまだ開花しているところは少なく、雨の予報。
今週は、開花状況はOKだけど天気は・・・?と直前まで情報を
チェックし、多少微妙な予報でしたが土曜日に決行することに決めました。

2日前の木曜日に会社でパックを手配。
(パックというと宿泊付きのイメージが強いですが、とってもお得な
日帰りのパックもあるんですよ!^^)

170415_5.jpg

手配しようとしていたところ、何という偶然でしょうか、たまたまこの
パックの主催会社の営業の方がお見えになり、"これは!?渡りに船!"
とばかりに予約を頼んでしまいました・・・(^_^;)

この日帰りパック、新幹線の往復運賃より安いのに、こんな↓3,000円相当の
食事まで含まれているなんて!(ノ゚ο゚)ノ
(※食事だけではなく、3,000円クーポンは65種類のいろいろな
 メニューから選べます。私たちは、嵐山の渡月橋を見ながら
 優雅に食事ができるこちらのお店にしました)
170415_3.jpg  170415_4.jpg


では、今回訪れた中から、冒頭の2枚の写真の場所をご紹介します!

【妙心寺 退蔵院】
170415_6_1.jpg 170415_7_1.jpg

とてつもなく立派な紅しだれ桜がまさに満開!
見た人は皆「おおぉぉー!」「うわぁー」「これは凄い」と感嘆の声を
あげます。
木の下に立って上を見上げれば、一面可愛いピンクの桜で埋め尽くされる
世界。空から降って来そうな程に圧巻です。

京都の桜はこれを見に行きたい!と思っていた場所だったので、
満開の時期に来られて大満足でした。


【平安神宮】
170415_8.jpg  170415_9.jpg

ここも、桜の時期に行きたいと思っていました。
私も先輩も一度も行ったことがなく、今回初めて訪れました。

こちらも妙心寺と同じく紅しだれ桜です。
ちなみに、妙心寺の桜はここ平安神宮の孫桜なのだとか。

庭園に入ると、まさに桜の花園!
左右、頭上を覆う桜、桜、桜・・・。

桜以外にも、庭園が想像以上に広大で、正直なところ
ここまでの規模だとは全く思っていませんでした・・・。

谷崎潤一郎も、著書『細雪』の中でたたえているといいますが、
京都の桜は平安神宮が一番美しいという意見があるのも頷けます。

ソメイヨシノはどちらかというと白っぽい色ですが、ピンク色の
しだれ桜も素晴らしいなぁと実感いたしました。
私の住んでいるあたりでは、こういう桜はほとんど見られません。



12時間弱の短い滞在でしたが、トロッコ電車に乗ったり、夜のライトアップも
見たり、日帰りでも大満喫!の京都旅でした(^o^)

170415_10.jpg  170415_11.jpg  170415_12.jpg

また行きたい。。。

新入社員インタビュー

皆様、ご無沙汰しております。T社員です。

年弱、ブログをご無沙汰している間に、T社員からT主任へとレベルアップしました!

 これもひとえに皆様のおかげです!有難うございます。

 

今回、久しぶりに登場したのは、

はや恒例となりつつある、新入社員インタビューを行いました!

新年度となり、トラベル日本にも1名新入社員が入りました!

 

いつものようにトラぽんと共同でインタビューをしましたので皆様にお届けさせて頂きます。

 ↓↓↓

 

T主任

 「トラベル日本のブログは見た事ありますか?」

 

スーパー新入社員

 「ありません!場所がどこにあるのか分かりませんでした(^▽^)

「機械オンチなもので。。」

 

トラぽん・T主任

(=゚ω゚=)

※正直なところ驚愕しました。笑

「見た事はありますか?」と質問しつつも、

「見ました!どなたが書いてるんですか?」とのヤラセじみたやり取りを行おうと思っていましたが、

出鼻をくじかれました。この後のインタビューは新入社員の子のペースとなりました。笑

 

T主任

「ブログに載せる際にニックネームを決めているのですが、

学生時代に呼ばれていたニックネームとか何かありますか?」

 

スーパー新入社員

「特にないです!名前で呼ばれていたので!」

 

トラぽん

「SNSとかで使っているのでもいいですよ。」

 

スーパー新入社員

「...ないですねー(^▽^;)

 

トラぽん

「じゃあ、T主任が考えます!」

 

T主任

(=゚ω゚=)

 ※このブログを書いている間に自然とスーパー新入社員と指が動きました。

 

T主任

「一週間終えてみての率直な感想は?」

 

スーパー新入社員

「思っていたより、会社が家から近くて通勤がラクです!」

 

トラぽん

「近いのはラクだよねー」

 

T主任

「ご趣味は?」

 

トラぽん

「お見合いじゃないんだから!笑」

 

スーパー新入社員

「歌う事です!音楽全般好きです!」

 

T主任

「好きなアーティストは?」

 

スーパー新入社員

「幅広く聴く・・・クラシックからロックから何でも聴きます!」

「学生の時、吹奏楽部だったので!和楽器も弾きます!」

 

T主任

「スポーツは何かしますか?」

 

スーパー新入社員

「筋トレです!あとはバトントワリングです!小中学校の時にやっていて、それを今でも回しています。」

 

T主任

「行ってみたい国は?」

 

スーパー新入社員

「インドです!インドの建物、、インドの雰囲気が好きなんです!」

 

T主任

「お辞儀がキレイですよね?」

 

スーパー新入社員

「学校でのマナー研修で習いました!その時に講師の方にも褒められました!」

「また、前職でのマナー講習の際にも講師の方にも褒められました!」

 ※T主任もかつて学校でのマナー研修でお辞儀を習いましたが、

 お辞儀が下手糞だと講師の方含め、友人にも酷評されました(--,)


T主任

「旅行会社へ興味を持ったキッカケは?」

 

スーパー新入社員

「前職で海外のお客様を"おもてなし"する機会が多くありまして、

世界の様々な観光地ではどのように"おもてなし"をしているのだろうと気になりまして。」

  

トラぽん・T主任

「おぉーすごいですね!」

 

T主任

「トラベル日本に入社して何か気になる事はありますか?」

 

スーパー新入社員

「音楽が好きなので事務所で音楽を流して欲しいです!有線とかで!」

 

T主任

「それは自分も思います。ラジオを流している職場もありますもんね!」

 

T主任

「最後に一言お願いします!」

 

スーパー新入社員

「宜しくお願い致します。笑」

 

トラぽん・T主任

「笑」


 ★インタビューを終えて★

デスクで仕事をしている時のスーパー新入社員は緊張しており、顔も強張っていますが、

インタビューしている間、明るく、笑顔と笑い声が絶えませんでした。

(文面からは全く伝わらないと思いますが。笑)

早く仕事に慣れ、皆様にスーパー新入社員の笑顔が届く日が来る事を期待しています!

 

以上、T主任でした!

時速500kmに乗る! -リニア試乗会-

皆様、こんばんは。

あまり大きな声では言いづらいのですが(^_^;)、昨日は一日
休みを頂き、リニアの試乗会に行って来ました。

リニアといえば、磁力で浮いて走り、東京から名古屋までをなんと
40分で結ぶ夢の乗り物です♪
2013年に走行実験を見に行き、このブログでも紹介しました。

そのリニアに実際に乗れる!体験乗車をJR東海が年に数回
行っているということで、わたくし2014年からずっと応募し続けて
おりましたが、競争倍率が高すぎて全く当選せず。
それが今回やっと!順番がまわって来たのか当選したのです。
ちなみに、試乗というと無料かと思われがちですが、有料です
(結構いい値段・・・)。

土日に行きたくても体験乗車は平日にしか行っていないので、
やむを得ず会社を休むことに。

リニアが実際に営業を開始するのは2027年、まだ10年も先です。
そんな先まで待てない。。。と、今回は両親と行ってまいりました。

↓「搭乗予約証明書」。リニアは浮いて走るからか、飛行機のように
  "搭乗"という言葉を使うようです。
170405_3_3.jpg

会場の山梨県リニア実験センターに到着。
170405_16.jpg

屋台も出ていてイベントムードが高まります。
170405_17.jpg  170405_18.jpg

試乗の前におススメは、隣接の新リニア館。
2013年に行った時にはまだなく、その後の2014年に完成しているため
今回初めて行きました。
170405_23.jpg

↓6年間、実際に走行実験を繰り返した車両が展示されています。
170405_21.jpg  170405_22.jpg

リニアがどうやって浮くのか、以前の旧リニア館よりずっとわかりやすく
楽しく展示されていました。

↓ハンドルを回して速度を上げると浮かび上がるリニア。ゆらゆら。
170405_19.jpg  170405_27.jpg

↓"超電導現象"なるものが何なのか、文系の私には難しくてさっぱり?
 ですが、コイルだけでは浮上せず、マイナス269℃に冷却して初めて
 浮くのだということが、この実験を見てわかりました。
 そして、浮いた磁石をちょっと押すと、浮いたまま勝手にレールの上を(下も!)
 落ちずに走る不思議・・・
170405_20.jpg  170405_26.jpg

リニアを走らせるために、車両に冷却装置があるなんて想像もして
いませんでした。驚き・・・。

さて!
前置きが長くなりましたが、いよいよリニアの搭乗時間が近づいて来ました。

170405_5.jpg  170405_6.jpg

手続きは、本当にまるで航空機みたい。
まずは手荷物検査からです。

170405_7.jpg  170405_8.jpg

その後、搭乗券を発券。
170405_9.jpg  170405_10.jpg

170405_4.jpg

飛行機に乗るときのゲートのように、バーコードをかざして
入場します。

最初に説明会場があり、席はリニアの座席と同じ配置になっています。
本日は7両編成での試験走行ですが、体験乗車での使用は2両のみ。
ということは、1回の試乗は約120人ということになります。
170405_11.jpg  170405_12.jpg

42.8kmの実験線を約2往復、30分の体験です。
最高速度は500km/h。

50年越しの夢が実現したという、日本だけの技術、リニアへいざ・・・!
170405_13.jpg  170405_14.jpg

車両内部。座席の造りなどはほぼ新幹線と同じ。
170405_15.jpg

いよいよ出発!

初めから浮いて走るわけではなく、最初はタイヤ走行です。
リニアにタイヤがあったというのも驚き。

途中で、浮上走行に切り替わるとのアナウンスがあります。
「耳を澄ますと、音が変わるのに気づくと思います」とのこと。

タイヤ走行の時はガタガタした感じがありましたが、浮上走行になると
急に滑らかに。
そして一気に速度が上昇!あっという間に新幹線の速度を超えて行きます。

本日の最高速度、502km/hに到達!
170405_2.jpg  170405_1.jpg

遠心力は感じないように造られているということでしたが、
何もしなくても前のめりになりそうな速さでした。
シートベルトがないことに若干不安を覚える程・・・。

耳が痛くなるか・・・?ということについては、全くそのような
ことはありませんでした。

ほとんどトンネルなので外の景色が見えないのが残念ですが、
一瞬見えてもあまりの速さに写真を撮るのはまず不可能(-_-)

その後はだんだん速度が落ちていきますが、新幹線の速度って
なんて遅いんだ。。。。と感じてしまいます。

さらに110km/h位まで遅くなると、今度は逆にタイヤ走行に切り替わるとの
アナウンスがあります。
その瞬間は、飛行機が着陸した時と同じ感じです。今着地したな、と。

30分間はとても短いですが、この短時間で100km近くを移動したとは
にわかに信じられません・・・。誰かが言っていましたが、"どこでも
ドア"に近づいたイメージです!

終了後は、今乗って来たリニアを間近に見ることができます。
無人運転なので、運転席はないですね。
170405_24.jpg  170405_25.jpg

開業までには、まだまだ多くの課題があるようです。

私のように10年も待てない!という方、ぜひ体験乗車で
一足先に夢の乗り物を体感してみることをおすすめ致します!

それではまた(^O^)ノ

"幻の桜" -ニホンバシ宝探し-

こんばんは!
だいぶご無沙汰してしまいました。

2月・3月は当社の年度末・年度始めにあたり、とにかくやることが多くて。。。(x_x)
ブログを書かなきゃ!と気になりながら、休みの日もなかなか出かける時間が取れず(汗)

"更新がなくて心配になった"とのありがたい連絡も頂戴してしまい、日に日に
焦りが募るばかりでした(^_^;)

そんな中、先週木曜日のランチタイムの時のことです。
女子3人で食後のコーヒーを飲み、お店を出た時、入口近くに
こんな立て看板(張り紙だったかな?)があるのを見つけました。


「謎のヒント」


むむ・・・?
よく見てみると、どうやら何かの謎解きイベントをやっているらしい・・・
しかも日付を見ると今日始まったばかり!?
いくつかある謎の一つのヒントがたまたまここにあった模様です。

"謎解き"と聞くと放っておけないわたくし、先程のお店に冊子が
置いてあったのを思い出し、すぐさま引き返して冊子をゲット。

それがこれ↓でした。
170319_3.jpg

日本橋のどこかに隠された、"幻の桜"が入った懸守り(かけまもり)を
探そう!という、リアル宝探しです。

一緒にいた先輩が言いました。

「・・・3連休にやるでしょ」

私「いやぁー・・・・・それはちょっと・・・どうですかねぇ・・・・・」

結果、鋭すぎる先輩の予想通り、謎解きの誘惑に勝てず、
わざわざ連休に会社の近くまで来て、やってしまいました(^_^;)!宝探し。



まずは冊子に書かれた謎を解いて、現地(日本橋界隈)の
その場所に向かうと、そこには手がかりが隠されていて・・・
170319_4_2.jpg

その手がかりを集めてさらに最後の謎を解くと、ついに宝のありかが!

謎を解いて導かれたその場所へ行くと、本当に"宝箱"が置いてあります。
フタを開けると・・・?
・・・・・詳しいことを書いたり写真を載せられないのが残念です!

昨年10月にやった"地下謎"よりはだいぶ簡単でしたが、気軽に楽しめました♪

※一部、2人の協力がないと解けない謎があるため、残念ながら一人では
 挑戦できません。



同時に開催されている「日本橋桜フェスティバル」では、5つに分かれた
エリアの指定のお店で桜メニュー(指定の飲食物や品物)を買うと、
エリアごとに色の違う桜ピンバッジがもらえます(*´∀`*) ※先着
5つ集めると桜の花びらが完成♪

170319_7.jpg 170319_2_2.jpg  

お店によっては私が第一号だったり、イベント4日目にしてもう
終了していたり・・・。

謎解きより、ピンバッジ集めに時間をかけてしまった一日でした!
(日・祝は閉まっているお店が多いので、平日か土曜日がおススメです)



そして、本物の桜は今日開花宣言が出たばかりですが、恒例の
桜色ライトアップももうやっています♪

今年の写真は、コレド室町「SAKURA GATE」から。夜には光と音の演出もあって綺麗です。
170319_5.jpg  170319_6.jpg

これから、本物の桜とともに楽しんでみてはいかがでしょうか♪



五箇山 幻想のあかり

170218_1.jpgこんばんは!

だんだんと春の便りが届くようになり、今日も会社の先輩は
伊豆の河津へ満開の桜を見に行っているはず・・・ですが、
私はといえば・・・この週末は、春にはまだまだ遠い豪雪地帯へ。

富山県 五箇山の合掌造り集落のライトアップを見に行って来ました。

合掌造りというと、白川郷がとても有名ですね。
岐阜県の白川郷と富山県の五箇山は、一緒に世界遺産に登録されたにも
関わらず、五箇山はご存知ない方も多いです。

白川郷と五箇山、どう違うかというと・・・

白川郷は、集落の規模も大きく観光地化されており、お土産屋さんなども
たくさん並んでいます。観光客も世界各国から大勢訪れ、とても賑やかです。

一方の五箇山は、集落は小ぢんまりしており、あまり観光地化されていない
素朴な雰囲気です。観光客も多くなく、静かです。

そんな五箇山の合掌造り集落のライトアップは、某旅行会社の貸切イベント
だったため、そちらのツアーに参加して行ってまいりました。

ライトアップはタイトルの通りまさに「幻想のあかり」という感じで、
静かな集落にしんしんと降る雪は「日本昔ばなし」を彷彿とさせ、
可愛らしい三角屋根は本当に童話の世界のようでした。

170218_5.jpg  170218_6.jpg

氷点下の寒さですが、冬ならではの風景。とっても素敵な場所でした(人´∀`)



ところで、ライトアップの前の昼間には白川郷にも行きました。
五箇山との距離はとても近いです。

↓白川郷。五箇山とは雪質が違い、雪が落ちるように造られた
 屋根の傾斜の角度も違います(五箇山の方が急)。
170218_2.jpg  170218_9.jpg

観光客や、合掌造りに取り付けられたエアコンの室外機やらパラボラアンテナやらの
現代的なものが写り込まないように写真を撮るのがなかなか大変。。。

↓和田家内部。
 築後300年以上経った今も、3階と4階は住居として使用しています。
 1階と2階が公開されていて、釘を一本も使わず縄で固定された屋根の様子が
 はっきりわかります。
 雪に耐える柔軟性を生むためだそうですが、実際に見ると驚愕!(ノ゚ο゚)ノ
170218_7.jpg  170218_8.jpg

合掌造りの集落を訪れる時は、白川郷と五箇山両方に行くと、ぞれぞれの
良さが満喫できてオススメです♪



余談。

今回のツアー、ライトアップの翌日は金沢に行くコースでした。
(五箇山と金沢は車で1時間半弱の距離です)

正直、金沢は2年前の北陸新幹線開業の日にも行ったばかりだし、
まぁ、写真も撮ることないかな・・・と思っていました。

ところが!

夜に突如雪が降り、翌朝の見学時に、このところなかなか見られないという
"雪吊り"の兼六園が出現!
しかも、降り続く予報だったという雪は朝には止み、晴れました。

たまたま朝一番、開園と同時に訪れる日程となっていたため、真新しい
雪化粧に青空という、それはそれは美しい兼六園を見学することができました。

ため息ものでした・・・。
雪が有ると無いとでこんなにも印象が変わるのかと実感しました。

170218_3.jpg  170218_4.jpg

観光客もまだほとんど来ておらず、独占状態♪ 思いがけず、本当に最高でした。
結果、撮らないはずだった写真を、前日並みの枚数撮ってしまったという...(^_^;)

はかない雪で、1時間後にはずいぶん消えてしまっていました。


ライトアップからそれた話が多くなってしまいましたが、
天気にも恵まれ、素晴らしい冬景色を堪能した週末でした。

おわり。

バレンタインデー

170214_1.jpg

こんばんは。
今日はバレンタインデーですね。
女性の皆さん、どんなチョコをどなたに渡しましたか???

私は・・・
チョコレートも熊本モン♪
赤酒など、熊本のお酒が入ったチョコレートボンボンです。

その名も「熊本ぼんぼん」(´ε`*人)
170214_3.jpg

名前の可愛さに、つい衝動買いを・・・(-_-;)
某百貨店限定の、なかなかのレアものでした。

これを誰にあげるのか・・・?
ええと.....残念ながら、家で自分で食べます......(´_` )

写真にハートマークはつけたものの、今年もまたトキメキとは無縁の
バレンタインデーなのでした。。。

三十槌の氷柱

170128_1.jpg

こんばんは!
早いもので、もう1月が終わろうとしていますね・・・。
週末は、今年に入って初めて、やっと出かける時間が取れました。

今回は、まさに今がピーク!という、埼玉県の奥秩父にある「三十槌の氷柱」
(みそつちのつらら)を見に行って来ました。

でも、冬の山の中・・・
どうしてもこの時期は、車で行くのには二の足を踏んでしまいます(´・ω・`)

電車(西武鉄道の「レッドアロー」号。せっかく秩父に行くなら乗ってみたい・・・)で
行こうか、はたまたやっぱり行くのをやめようか・・・
悶々と思い悩みましたが、直近の天候などを調べた結果、結局は自宅から車で行くことに
しました(^_^;)

最寄の関越道 花園ICから一般道を約48km(1時間10分程)。

途中から周辺は雪景色になり一抹の不安を覚えましたが、道路には全く問題なく
無事に到着しました。

ライトアップが17時から始まるということで、16時半頃には現地に到着したのですが、
そこから駐車場渋滞が1時間・・・(>_<)。
ちょっと明るいうちから見学する予定が、とっくに真っ暗に。


170128_2.jpg「三十槌の氷柱」は天然のものと人工のものの2ヶ所があるの
ですが、今日の写真は全て天然の方です。

天然の氷柱群は高さが8m、長さは30mあります。

ライトアップは、使用済みの天ぷら油を燃料として発電し、
LEDを点灯しているのだそうです。



この日は氷点下にはならない暖かめの日で、時折氷柱が落下する
恐ろしい音が聞こえます。

凍って止まった世界が動き出すかのような、自然の息吹を
感じました。


秩父の四季を現したというライトアップは、刻々と色を変えます。
川への映り込みもとても美しく幻想的です。

冬の1ヶ月限定の絶景です♪

170128_5.jpg  170128_6.jpg  170128_3.jpg

 170128_4.jpg


コバラ

こんばんは!

このブログもいつまでもお正月のままではなぁ。。。と思いながらも、
お出かけも特別な話題もなく過ぎてしまいました。

今日は"花金"(死語と言われ続けていますが使い続けています^_^;)、
そして"13日の金曜日"ですね。

私が担当している仕事は週末の金曜日がとても忙しく、今も会社に
残っているのは私一人という状況になってしまったのですが・・・

今日のように遅くまで仕事をしている時、ふとデスクの後ろを振り返ると・・・
すぐそこにはお菓子コーナーが♪
社内の皆さんのお土産や、頂き物のお菓子が時には山のように
溢れています。

これがいけない・・・(ー_ー)
チラ見して美味しそうなお菓子を見過ごすこともできず、ついつい
手を伸ばしてバクバク。。。
「もうやめる!」と宣言はしたのですが、意志の弱いわたくし。
食べては近くの席の同僚に睨まれる日が続いておりました。

そんな私を見かねたこの同僚が、今日はこれを置き土産に
帰って行きました。「後でお菓子じゃなくてこれを飲むように」と。

170113.jpg

こんな飲み物があったんですねー。

聞けば、わざわざ私のために買って来てくれたのだそうです。
何て心優しい同僚(^_^;)

ちょうど今、お腹も空いて来た頃合いですので、今日はお菓子には
見向きもせず(!)、ありがたくこれを飲んで帰宅したいと思います。

もらった時、「"おなかでふくらむ"って、バリウムみたい?」と言われ
ちょっとした恐怖を感じているのですが。。。((lll・Д・)

それでは皆様、良い週末を(^o^)ノ

謹賀新年 2017

20170101.jpg

2017年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は遠出をしなかったので新しい写真がなく、年賀状に使った画像
でご挨拶です。(この写真を撮影した時のブログ記事はこちらです)

ブログも7年目。今年もゆったりまったり(?)書いて行きたいと思います。



早速ですが、年末の忘年会の時のことです。
T社員から耳寄りな情報をもらいました。

なんと、東京メトロの銀座線が、先月のブログでも紹介した熊本電鉄と
おそろいになるという・・・!?


あっ!
170101_2.jpg

・・・って、わざとらしかったですが(^_^;)

この電車、1月1日から運転が開始されるということで、元日早々見に行きました(^_^;)
敢えて、会社のある京橋駅へ・・・。お正月なのでホームにほとんど人がいなくて幸いでした。
情報をくれたT社員、ありがとう☆

170101_5.jpg  170101_6.jpg

熊電は2両編成でしたが、銀座線は6両編成。長い♪
しかも、全車両絵柄が違います♪でも、走る速度が速すぎて全貌がつかめず。
写真も、超高速連写じゃないと全部撮り切れません・・・(>_<)

熊電とおそろいですが、違うところは、熊本を応援するメッセージが描かれていること。
170101_3.jpg  170101_4.jpg

ちなみに「ガマダセ」は、熊本の方言で「頑張れ」という意味です。

銀座線は現在、ほとんどがオレンジ色の新型車両に切り替わり、この銀色の車両は
間もなく引退します。

その引退を前に、恐らくこの銀色の車体を熊電に譲渡した縁からだと思いますが、
熊本の復興を願う東京メトロからの"お正月のプレゼント"なんだそうです。

(゜∀゜) 粋だわ♪東京メトロ・・・

さすがに熊電と違い内装まではラッピングされていませんが、十分癒されました。

でも、熊本地震がなかったらこの企画もなかったのかも・・・?と思うと
ちょっと複雑な気持ちです。

銀座線が一度に何編成走っているのかわかりませんが、3分に一本というダイヤ
からすると、かなりの数だと思います。
その中で、このラッピング電車はわずか一編成のみ。
渋谷や浅草などの始発(終点)駅では約1時間に1回しか見られません。
(京橋は真ん中あたりなので約30分に1回は見られますが・・・)
なかなかのレア。

期間限定、2月24日(金)までの運転です。

これから毎日、通勤で運だめし!
ラッピング電車に出会えた日はラッキーDay☆(*^∇^*)
憂鬱な通勤がちょっと楽しみになった2017年の始まりです。

今年もありがとうございました。

皆様、こんばんは。
今年の営業も本日が最終です。

例年通り15時から仕事納め式が行われたのですが・・・

司会の方が言いました。

「それでは、仕事始め式を行います」

(・_・) むむ?


その後、有難いお言葉が続き、最後になって、


「それでは、素晴らしい2007年になるように・・・」

(・_・) むむむ?


未来に行ったり過去に行ったり忙しい会社です(^_^;)
ちょっとしたタイムスリップ感を味わいました。

何はともあれ、無事に式は終了し、例年通りの納会で締めくくられました。

私自身は、今年は入社以来最大の変化の年で、まさに"光陰矢の如く"
過ぎた一年でしたが、来年はもう少し落ち着けたらいいなぁ、と思っています。

それでは皆様、本年も当社のご愛顧、ブログのご愛読ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

161229_1.jpg   161229_2.jpg

年の瀬です。

こんばんは。

今年の営業日も残り2日となり、一年を振り返る時期が
やってまいりました。

皆さん、今年はどんな一年でしたか?

私は、昨年同様、いや、昨年以上に...旅行会社らしく(?)たくさん旅行に行った
一年でした。

特に意識はしていなかったのですが、会社の先輩から「毎月旅行行ってない?」と
言われ、数えてみて愕然としました(^_^;)

1月 沖縄
1611225_3.jpg  1611225_4.jpg

2月 東北
1611225_5jpg.jpg  1611225_6.jpg

4月 韓国
1611225_7.jpg  1611225_8.jpg

7月 再び韓国
1611225_9.jpg  1611225_10.jpg

8月 クロアチア
1611225_11.jpg  1611225_12.jpg

9月 熊本
1611225_13.jpg  1611225_14.jpg

10月 高知
1611225_15.jpg  1611225_16.jpg

11月 京都
1611225_17_1.jpg  161227.jpg

12月 再び熊本
1611225_19.jpg  1611225_20.jpg

12か月のうち、旅行に行かなかったのは3・5・6の3か月だけでした。

旅行会社で働いていると、パンフレットや端末など、旅行の予約に必要なツール(?)が
いつも目の前にあるので、ついつい気軽に予約を入れてしまいます。

....旅費のことは"とりあえず"頭の隅に追いやって。。。。。(^_^;)
"行きたい時に何とかして行こう!"

そうそう、かのスナフキンさんもこう言っています。


「『そのうち』なんて当てにならないな。今がその時さ」


皆様も良い旅を!

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30