シンガポール旅行日記 3日目

こんにちは。

トラぽん2号のシンガポール日記3日目の様子をお送りいたします。

3日目朝、「マリーナ・マンダリン」をチェックアウトし、
荷物を持って、「マリーナ・ベイ・サンズ」へ。
そのまま荷物を預けて、
「マリーナ・ベイ・サンズ」に直結の「ベイフロント」駅から
セントーサ島の最寄りの「ハーバーフロント」駅までMRTにて移動。
※片道だと1.6シンガポールドルですが、往復で3.1(3.11だったかな?)シンガポールドル
 とMRTでも往復割引があるんだ...っと思いつつ、チケットをチャージ

セントーサ島に到着後、
「セントーサ・エクスプレス」に乗って、「ビーチ・ステーション」駅へ。
「ビーチ・ステーション」駅からは
セントーサ・ビーチトラムに乗って、「メガジップ・アドベンチャーパーク」へ。
IMG_0404.JPG

安全装置を付けて、カートで落下地点まで送ってもらい、
メガ・ジップ滑走。
IMG_411.jpg

IMG_0412.jpg

今回のシンガポール旅行で楽しみのひとつもわずか1分足らずで
終わってしまい...。
※次、シンガポールに来た時間には「USS」とともに
 今度は「メガジップ・アドベンチャー」も全コース攻略しようと思いを持ちつつ...


「メガ・ジップ」終わったら、次は「AJハケット」へ
最初に高さ40mの遊歩道「スカイブリッジ」へ。
「マーライオン・タワー」からとは違う「セントーサ島」の景色を。IMG_0416.JPG

IMG_0417.JPG

IMG_0418.JPG

IMG_0419.JPG

そして、セントーサ島最後の写真
「スカイブリッジ」からの「メガ・ジップ」の様子を。
2人だけ滑走している人が移っているので探してください...って簡単に分かりますね。
IMG_0420.jpg

「スカイブリッジ」終わって、矢継ぎ早に「ジャイアントスイング」を体験。
「ジャイアントスイング」は携帯電話含めて全ての荷物を預けてしまうため、
画像はありません。
ぜひ、セントーサ島へ行って体験してみてください。
最後に昼食だけ食事して、後ろ髪をひかれる思いで
MRTに乗ってセントーサ島を後に。


セントーサ島も後にして、
いよいよメインイベント(?)の「マリーナ・ベイ・サンズ」へ。
IMG_0421.JPG

IMG_0422.JPG

IMG_0423.JPG

IMG_0424.JPG

チェックイン前にもひと悶着?
下の画像をホテルのフロントスタッフに見せて、
チェックインの列に並ぼうとすると「No」と声をかけられ、
奥の方に案内されると奥の部屋には
テレビがあったり、飲み物が用意されている部屋が。
この時に初めてチョット高い部屋を予約していた事が判明...。
※改めて確認するとラウンジとは書いてあるのですが...。
 この時はそんな事もわからず、そもそも予約した事に
 一番安いレートの部屋を予約しただけだったので...。
Reservation.jpg

15時20分過ぎにチェックインをしているとここでもまさかの案内が...。
16時までクラブラウンジで「アフターヌーンティータイム」を行っているので、
早く55階に行ってくださいと...
心の中では「イヤイヤ。今更言われても...」と思いつつ、
急いで55階のクラブラウンジへ。

ラウンジからの景色
IMG_0425.JPG

セントーサ島で昼食を食べた後で、
おなか一杯だったので、コーヒーだけ飲んで、
「アフターヌーンティータイム」も終了。
IMG_0426.JPG

部屋に戻ってからの2枚
IMG_0427.JPG

IMG_0428.JPG

画像の真ん中の上には「マーライオン」や
左下には光と水のシンフォニー「SPECTRA」のショーの中心にある岩(?)も。
それ以上に大きく真ん中にはトラぽん2号の当日の服装も映り込んでしまっていますが...。

部屋の荷物も整理して、利用できるのが宿泊者限定という
59階の「インフィニティー・プール」へ。
プールの入口で部屋のカード式のルームキーをかざさないといけないので、
 宿泊者限定というのは本当でした。
IMG_0429.JPG

IMG_0430.JPG

プールでのんびりした後は17時からの「イヴニングドリンクとカナッペ」で
夕食を軽くとるためにクラブラウンジへ。
IMG_0431.JPG

軽く食事をとり、
再び「インフィニティ・プール」に行き、日没まで滞在。
IMG_0432.JPG

日没までプールに滞在した後は「SPECTRA」のショーへ。
開園前
IMG_0441.JPG

開園中
動画も撮っていたので、投稿できればまたの機会に。
P9250942.JPG

P9250943.JPG

P9250944.JPG


ショーが終わった後はカジノに行く前に
「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」少し散策。
IMG_0449.JPG

IMG_0451.JPG

IMG_0450.JPG

IMG_0452.JPG


ショッピングモール内も散策し、いよいよカジノへ。
※これを見て、カジノに行きたくなった人は
 入口でパスポートチェックがありますので行くときにはパスポートを忘れずに。
写真を撮りたかったのですが、入口で禁止されてしまったので、
画像はありません。

シンガポール3日目は今思い出すと3日連続のセントーサ島と
「マリーナ・ベイ・サンズ」周辺だけで終わった1日でした。

次回のシンガポール旅行日記4日目で
今回のシンガポール旅行日記終了です。

黄色の世界


181111_1.jpg
こんばんは!

今日はトラぽん2号さんの投稿が先にありましたので、本当ーに久しぶりに
(何年ぶり!?)一日2回の更新になります。

最近は私以外にブログを書いてくれるスタッフがいなくて、ほぼ個人の
日記のようになっていましたので(^_^;)  別のスタッフが書いてくれて嬉しいです。



さて、昨日は東京の郊外、立川市と昭島市にまたがる「国営昭和記念公園」に
行って来ました。
ここは、毎年箱根駅伝の予選会が行われる場所としても知られて・・・
いや、あまり知られてはいないかもしれませんね(・_・)??

公園の入口は全部で7ヶ所あり、それぞれ電車の最寄り駅が違うという・・・
それくらい広大な公園です。

今、イチョウなど紅葉が見頃になっています☆

園内は歩行者用と自転車用の道が分かれていて、レンタサイクルも充実しています。

私は車にいつも自転車を積んであるのですが、その自転車は全く出番がなく
燃費だけを食う状態が続いていたので(-_-)、ここぞとばかりに車で行き、
持ち込み自転車で入園しました。

↓持込自転車入口
181111_3.jpg

サイクリングコースにはいくつか駐輪場があって、自由に止めて好きな場所を
散策できます。
181111_10.jpg  181111_17.jpg

↓カナール(カナール自体の写真は本日の記事の最後に)両側のイチョウ並木や・・・
181111_2.jpg

↓「うんどう広場」の横にある「かたらいのイチョウ並木」
181111_13.jpg

この2つのイチョウ並木が有名なのですが、難点はどちらも人が多過ぎる(-_-)

"開園ダッシュ"でもしなければ、人がいない写真を撮ることができません・・・

でも、実は他にもう一つ、人がほとんどいない見事なイチョウ並木があるんです!
後で出て来ますのでお楽しみに♪

公園内にある「日本庭園」も見事だとの噂を聞いて、行ってみることに。
自転車は爽快で気持ちいい。
181111_11.jpg

日本庭園はモミジの紅葉と、木々の池への映り込みが美しかったです。
181111_4.jpg

181111_5.jpg  181111_6.jpg

「日本庭園」の中には、日本で初めての国営盆栽展示施設である「盆栽苑」があり、
見事な盆栽が集められています(私は盆栽には詳しくないのですが・・・)
181111_20.jpg  181111_21.jpg

そろそろお昼・・・ということで一旦休憩。

バーベキュー場も煙がもくもくといい匂いがして賑わっていましたが、
今日はバーベキューはしません(^_^;)...先週やったし
181111_12.jpg  181111_16.jpg

公園内には食事をできる施設はほとんどなく、ここ↓も"レストラン"という名ですが
サービスエリアの"屋台"みたい!?
181111_14.jpg  181111_15.jpg

お昼の後はひたすらサイクリング。

だいぶメインの入口からは離れた場所になって来たので、人も少なくなります。

↓こんな綺麗なイチョウや・・・
181111_18.jpg

↓並木の下を人がほとんどいない中サイクリングできるなんて贅沢♪
181111_7.jpg  181111_8.jpg

↓そしてこれが、先程書いた"人がほとんど来ないイチョウ並木"。絵になります。
181111_9.jpg

なぜここに人が来ないかというと、ただ"行くのが不便"ということでしょうか。

電車だと歩いてここまで来るには相当な時間がかかり(そもそもここは自転車専用)、
自転車だとしても公園の一番端なので、用のない人は来ない・・・??

定かではありませんが、こんなに美しい場所を見ないなんてもったいない!と思いました。

昭和記念公園はとっても広いので、昨日は5時間半程いましたがまだまだ
見ていない場所も多いです。
季節によって見どころも変わるので、また行ってみたいと思います♪

↓カナール(庭園水路)
181111_19.jpg

シンガポール旅行日記 2日目

こんにちは。

トラぽん2号のシンガポール日記2日目の様子をお送りいたします。

2日目の最初は「シンガポール国立蘭園」からスタート。
花の事は全く分からないので、写真で雰囲気だけ感じていただければ...。
IMG_0350.JPG

IMG_0351.JPG

IMG_0352.JPG

IMG_0358.JPG

IMG_0359.JPG

IMG_0360.JPG


「シンガポール国立蘭園」を30分程で見終えた後は
「サンテック・シティー・モール」内にある「富の噴水」へ。
右手を入れて3周すると願い事がかなうといわれている
有名なパワースポットらしいです。
ちなみに私の願い事は...(秘密です)。
IMG_0361.JPG


続いて「シンガポールフライヤー」で約30分の空旅(?)へ。
IMG_0367.JPG

IMG_0368.JPG

IMG_0370.JPG

1週間前にF1の「シンガポールグランプリ」があり、
ピットもまだ一部そのまま残っておりました。
マリーナ地区の所々の道路もまだガードレール等もそのまま残っていたり、
道路を元に戻している作業員の人も所々いました。
IMG_0372.JPG

IMG_0373.JPG

シンガポール市内
IMG_0378.JPG

「シンガポールフライヤー」の頂上付近から
ビジネス街と「マリーナ・ベイ・サンズ」
IMG_0380.JPG

「マリーナ・ベイ・サンズ」と「マラッカ海峡」
現地ガイドの人曰く、
ここから見える水平線の先(約300km)がちょうど赤道らしいです。
IMG_0381.JPG


この後、「DFSギャラリア」へ。
店内が化粧品や女性もののファッションブランド品だらけで
男性には用なしの感じでした(って事で写真もありません)。

一度、ホテルに戻った後は
昨日に続き、セントーサ島へ。
「ハーバーフロント」から「ケーブルカー」で入島する予定が
メンテナンスで「ケーブルカー」が使えず...。
夕食を済ませた後は
音と水と光のショーの「ウィング・オブ・タイム」を鑑賞
IMG_0393.JPG

開園前
IMG_0394.JPG

開園中
動画も撮っていたので、投稿できればまたの機会に。
P9240919.JPG

P9240920.JPG

P9240921.JPG

P9240922.JPG


ホテルに戻った後は再び、
「マーライオン公園」へ。
1日目より早く戻ったので、「マリーナ・ベイ・サンズ」で行っているナイトショーを
「マーライオン公園」側から見学。
※「マリーナ・ベイ・サンズ」側からの画像は3日目にアップ予定です。
IMG_0401.jpg

こんな感じの2日目でした。
3日目に続きます。

シンガポール旅行日記 1日目

こんちには。

トラぽん2号の旅行日記第2弾は
シンガポール旅行日記をお送りいたします。
(シンガポール旅行日記も画像がメインになります)

1日目(0日目の深夜?)の羽田空港の様子から
PM9時頃の外貨両替前でこの人だかり。
羽田は深夜便もたくさんあるのでが多い...。
IMG_0199.JPG


今回、全日空で行ったので、
カウンターに行ったらエコノミークラスにはこの行列...。
IMG_0200.JPG


「旅立ちは昔も今も日本橋」
五街道=日本橋だけど羽田=日本橋?かな?
IMG_0203.JPG


搭乗時間まで時間があったのでラウンジへ。
日本酒、焼酎、ビール、ソフトドリンク類に軽食まで
用意してあったので、少し腹ごしらえ。
IMG_0208.JPG

IMG_0210.JPG


ANA843便(羽田 00:40発)の便でいざ出発
AM6時40分過ぎにシンガポールのチャンギ空港に到着
(時差は1時間しかないので、時差ぼけを起こす事はないと思います)
IMG_0221.JPG

フラワーガーデンがお出迎え
IMG_0222.JPG

IMG_0223.JPG


入国審査を行って、入国。
(さすがにイミグレーションの写真は撮っておりませんが...)
日本と同じ島国で回りが海に囲まれているため、
高温多湿(ムシ暑い...)。

車で送迎してもらい、
1・2泊目の滞在先ホテルの「マナーナ マンダリン」へ
IMG_0226.JPG

IMG_0227.JPG

IMG_0228.JPG

IMG_0229.JPG

IMG_0230.JPG


荷物を置いて、さっそくマリーナ地区を歩いて散策
「マリーナ ベイ サンズ」の横を通って、
遠回りをして、「マーライオン公園」へ。
※夜に同じ角度からとった写真もあわせて載せておきます
IMG_0231.JPG

IMG_0382.JPG

IMG_0232.JPGIMG_0339.JPG

IMG_0233.JPGIMG_0340.JPG

IMG_0235.JPGIMG_0341.JPG


チャイナタウンを経由して、セントーサ島へ。
1時間30分間歩いて目指したけど、到着せず...。
残り1.1km程(バス停の表示)だったけど、
暑さでバテたのとちょうどバスが来たので、
バスに乗って(写真撮り忘れました...)「ハーバーフロント」へ。
到着後、ボードウォークを歩いて、セントーサ島へ。
IMG_0236.JPG

IMG_0241.JPG

IMG_0242.JPG


セントーサ島到着後、「シーアクアリウム」へ。
IMG_0244.JPG

IMG_0248.JPG

IMG_0250.JPG

IMG_0254.JPG

IMG_0256.JPG

IMG_0260.JPG

IMG_0266.JPG

IMG_0268.JPG


(USJならぬ)「USS」を横目に「セントーサ・マーライオン」へ。
※今回の滞在では行けなかったので、
 次にシンガポール行った時には行きたい
IMG_0276.JPG

IMG_0279.JPG

「マーライオンタワー」の展望台からの
マラッカ海峡の風景やシンガポール市内の風景です。
IMG_0282.JPG

IMG_0286.JPG


「マーライオンタワー」の口からの
シンガポール市内の風景です。
IMG_0289.JPG

セントーサ島からの帰りは
「セントーサ・エクスプレス」に乗って、
再び「ハーバーフロント」へ。
※セントーサ・エクスプレスは復路だけの場合は無料でした。
IMG_0290.JPG

「ハーバーフロント」からの帰りは
MRT(地下鉄)を利用して、ホテルへ。
※MRTは車掌がいなくて、全駅ホームドアがありました。
 自分が乗った列車、駅だけがそうだったのかもしれませんが...。
 それに料金がとにかく安くて、日本の首都圏ほど路線が複雑でなく、
 電車も5分程の一定の間隔で来るので、すごい使いやすかったです。
IMG_0292.JPG

IMG_0294.JPG


ホテルに戻り、夜は「ナイトサファリ」に出発。
夕食後、「エクスプレストラム」に乗って、いざサファリ内へ。
(サファリ内の写真はほとんどピンボケしてうまく撮れていませんが...)
IMG_0296.JPG

IMG_0297.JPG

IMG_0301.JPG

IMG_0304.JPG

IMG_0328.JPG


ナイトサファリから戻り、
最後に再び「マーライオン公園」へ行ってからホテルへ戻り就寝。
(写真は昼間に掲載している写真とで見比べてみてください)
こうして、1日目が終了。
2日目に続きます。

プチ社員旅行(?)in 山梨

こんばんは。

11月3日(土)文化の日、会社の有志+αのメンバーで、山梨ワイナリーめぐりに
行ってまいりました!

勝沼にて。当社のマスコットキャラクター、トラぽんも一緒です。
 181103_1.jpg 

一人が車を出してくれて中央道で向かったのですが、途中の寄り道や渋滞もあり、
着いたのは12:40頃。
まずはバーベキューの昼食です。

かんぱーーーーーーい!! (...運転
の一人、ごめんなさいm(_ _)m)
181103_2.jpg

肉は牛と、豚はワインを飲ませたワイントン。 バーベキューはみんなでワイワイ...楽しいですね。
181103_4.jpg  181103_5.jpg

181103_6_1.jpg  181103_3.jpg

ここでオススメのお酒は何と言っても「生ワイン」↓! 今日のブドウの品種は「甲州」です。
181103_20.jpg

生ワインとは、発酵をさせる前の、酵母がまだ生きている状態のもの。
濾過もしていないので濁っています。
これが発酵して、澱などを取り除くと透明なワインが出来上がります。

生ワインのアルコール度数は5%で普通のワインよりもだいぶ少なく、
ブドウの香りもしっかり残っていてとっても飲みやすく美味しいです。
私たちの間でも大人気でした♪

販売はしていないので、今この場でしか飲めない・・・
ということで思う存分堪能した結果・・・



飲んだくれのトラぽんはこの状態です(^_^;)
181103_21.jpg
181103_9_2.jpg


バーベキュー会場はブドウの葉っぱに囲まれ雰囲気もよく、おしゃべりや
お酒ものんびり楽しむことができました。

ただ、こちらのお店は、周辺道路拡張工事の影響で間もなく廃業するとのことで
少し寂しい気もしました。



昼食の後は、併設のワイナリーに向かいます。

この時期は日が傾くのも早く、山がピンクに焼けています。美しい・・・181103_8.jpg 

ワイナリーの前の広場ではこの日、ワインまつりが開催中。来場者プレゼント(右)も。
181103_24.jpg  181103_25.jpg

ワイナリーにてワインの試飲♪
無料ですが、1本9,000円位の高級ワインは別途試飲代500円だったとのこと(先輩たちはそれも試したそうです!)。
181103_10.jpg  181103_11.jpg


食事や試飲を満喫したのはいいのですが・・・
今日の旅の目的はワイナリー"巡り"だったはず・・・。

それなのに一軒目でのんびりし過ぎて、気がつけば時間はもう16時過ぎ。
なんと、時間切れによりワイナリー"巡り"は一軒で終了です(ー_ー)

この一軒だけでこのまま帰るのはあまりにも悲しいので、近くにある
桔梗屋(信玄餅)のアウトレットに行こうということになりました。
さすが、国内添乗の大ベテランが2人いて、アイディアがすぐ浮かびます(^o^)

移動中。あっという間に夕暮れです。
雲の隙間から太陽の光が漏れる「天使のはしご」がとても綺麗で、思わず写真ストップ。
181103_7_1.jpg

桔梗屋に到着。敷地内にアウトレットと通常のお店があります。
181103_15.jpg

アウトレット。閉店も近い時間なので人気商品は完売です。
181103_12.jpg  181103_26.jpg

続いて通常のショップへ。

181103_18.jpg    

入口にあった顔出しパネルをみんなでやるという・・・完全に酔っ払い!?

181103_19.jpg     

きなこ味のなめらか「桔梗信玄プリン(黒蜜付)」や、おなじみの信玄餅♪    
181103_13.jpg  181103_14.jpg 

買い物の後は、さっき"顔出し"(^_^;)した信玄ソフトを車の中で食べながら
帰路につきました。
181103_16.jpg




でも、この日はまだこれで終わりではなく・・・

<おまけ>

メンバーのうちの4人だけですが、そのまま東京の自由が丘に向かいました。
なぜそんなところへ・・・?

実は、会社の近くにあって週に多い時では3日くらい入り浸っている居酒屋の
店長さんが、自由が丘でも別のお店の店長(なんと社長)をやっているということがわかり、
この旅の後にみんなで行くという約束をしていたのです。

そのお店は居酒屋ではなくワインバル。今日はワインデーなのでちょうど良かったです。

店長も私たちのためにその日はお店に出てくれ、私の名前を書いたグラスまで
用意してくれていました(*^o^*)
181103_23.jpg

店長も、帰る前に私たちと一緒に少しだけ飲みに加わり、年齢は私よりたいぶ
若い店長(社長)ですが、"マネージメントとは・・・"なんていうちょっと真剣な
話も交えつつ、楽しいひと時を過ごしました。
人の縁というのはどこでつながっていくかわかりませんね。

店長が帰った後も私たちは終電まで飲み続け・・・


トラぽんは完全にアウトです(^^)
181103_22_1.jpg

ところで、トラぽんって何歳だったかな。
キャラクター創る時、そこまで想定しなかったけど・・・
まぁいいか、お酒は飲めるということにしておこう。

以上、長い一日だったけど充実の山梨旅のレポートでした。

富士登山記

こんにちは。

トラぽん2号が初投稿させていただきました。

画像が主になりますが、
この夏の富士登山記をご報告いたします。

8月某日(画像からわかってしまいますが)
好天の富士山5合目に到着
IMG_0100.JPG

IMG_0104.JPG

IMG_0107.JPG


高度に体を慣らすのと準備のため、
30分程滞在してスタート
IMG_0111_2.jpg

IMG_0113.JPG

IMG_0115.JPG


スタートして1時間程で6合目に到着
まだまだ山頂までの長い道のりです。
IMG_0116.JPG

IMG_0119.JPG


スタートして約2時間30分
7合目の山小屋が見えてきました。
このあたりから足元は砂利道から岩場が中心に。
IMG_0121.JPG


低い雲だと7合目には雲の上に来ます。
IMG_0124.JPG


スタートして約4時間
ようやく1日目のゴール
8合目が見えてきました。
それにしても傾斜が急でここまで来るのも大変です。
IMG_0130.JPG

IMG_0131.JPG


1日目の仮眠場所
8合目・太子館
IMG_0134_2.jpg

IMG_0132.JPG


16時30分に夕食
普段、こんな時間に夕食(カレーが定番?らしい)を
食べる事もないのでこういうのも貴重な体験です。
IMG_0135.JPG


18時には仮眠...
って普段そんな時間に寝る事などなく、
ほとんど眠れず(1時間くらいしか寝れませんでした...)
そんな中、日没後山小屋の外に出てみると雲の中の稲光が見えました。
動画しか撮っていなかったので、
写真はありませんが...(残念...)
何とかブログにアップできるようだったら
チャレンジしてみます。

そんな感じで22時には起きて準備して、
23時に登山再開
そのころには山頂に向かって
ヘッドランプを付けた人の列が...
IMG_0147.JPG

IMG_0148.JPG


再開して約4時間
午前3時30分過ぎにようやく(富士吉田口の)山頂に到着
4時には山頂の奥宮や山口屋、扇屋も店開き
IMG_0156.JPG

IMG_0157.JPG

IMG_0159.JPG

富士山火口
IMG_0162.JPG


午前5時山頂からの御来光を鑑賞
眼下に山中湖を見ながら、ちゃんと拝んできました。IMG_0163.JPG


そこからはひたすら降りるだけ
2時間30分でここまで降りてきました。
IMG_0169.JPG


下山開始3時間
ようやくここまで来たな...って思いと
改めてここを上ったんだなぁ...って思いで
最後に写真を。
IMG_0171.JPG


午前9時
富士山5合目に到着して終了。
もうその頃にはグッタリ...
写真を撮るのを忘れてました...。

富士山の登山経験のない方
疲れたり、準備が大変だったりしますが、
一度は体験してみてください。
貴重な体験ができます。オススメです。

コスモス -メルヘンの世界・2-

181028_2.jpg


こんばんは!また1週間が始まりましたね...

先週はちょっと遠出をしたので、今週は車でちょうど1時間くらいの
近場に行って来ました。...写真は決してオランダ等ではありません(^_^;)

前回に続きメルヘンチックな場所ですが、ここは、千葉県の柏市にある
「あけぼの山農業公園」というところです。

行く時期をずっと狙っていたのですが、コスモスがなかなか満開にならず、
ちょうど今が良い!という情報をキャッチしてこの週末に行ってまいりました。

満開のコスモスと風車、メタセコイアの木が絵画のような世界を作り出しています♪
実際に訪れると、まるで絵の中にいるみたい(人*´∀`)
あまりに綺麗で、花畑にダイブしたくなりました(・_・)ダメ

この公園は、春にはチューリップ、夏はヒマワリ、秋はコスモスと、
四季それぞれで違った表情が見られます。

夏の名残りのヒマワリも少し咲いていて、夏好きの私はちょっとハッピーな気分に^^ heart_orange.png
181028_3.jpgのサムネール画像


風車がハス池に映り込んだところもまた絵画のようです♪
181028_1.jpg

敷地も駐車場も広くて、入園料などもかからないのでお散歩にも最適♪
食事をする施設などはありませんが、そこがまた自然のままでオススメです!

お弁当を広げて食べる場所はいろいろあるので、天気の良い日には
何か持って行くとよさそうですtaiyo.jpg obento_1.jpg

それではまた(^o^)ノ

紅葉 in 北軽井沢 -メルヘンの世界!?-

181021_1.jpg

こんばんは!
週末は、一足早い紅葉を見にドライブに行って来ました。

場所は「北軽井沢」です。
・・・と聞いて、あの有名な軽井沢を想像した方もいるかもしれませんが、
皆様が通常思い浮かべる"軽井沢"とはちょっと場所が違います。

なにしろ「北軽井沢」は群馬県なので、軽井沢(長野県)とはそもそも県が
違うんですね。

車で行くと30分程離れていて、標高も軽井沢より高いところにあります。
そのため、紅葉も軽井沢よりは少し進んでいます。

途中、軽井沢と北軽井沢を結ぶ有料道路の鬼押ハイウェーを通ったのですが、
外国の絵のように美しく、色鮮やかな紅葉にテンションが上がりました!!
...運転中で写真がないのが無念です(-_-)

北軽井沢は、軽井沢に比べると訪れる人も少なく、大自然に恵まれた穴場的な場所。
今回なぜそんな北軽井沢に行ったかといえば、冒頭の写真の場所に行きたかったから(^_^;)

この可愛らしい建物は「グリーンプラザ軽井沢」というホテルです。

まずは遠くから見る前に直接ホテルに向かってみました。
敷地内の紅葉も綺麗。太陽が当たってキラキラしています。歩いていても気持ちいい♪
181021_4.jpg  181021_5.jpg

↓これがホテル。近くで見ても絵になる建物です。
181021_7.jpg  181021_6.jpg

さて、冒頭に載せた写真ですが、これはホテルの隣にある「軽井沢おもちゃ王国」の
大観覧車から見ることができます。
181021_2.jpg

観覧車の中から、ホテルとは別の方角を見ると、ほんのり雪化粧した浅間山の雄大な姿が。
これぞ北軽井沢です!
181021_3.jpg

ただ、この絶景を見るには、「おもちゃ王国」の入園料(¥1,200)と観覧車代
(通常のゴンドラで¥600、シースルーのゴンドラだと¥700)が必要というわけで...

子どもが一緒ならともかく、大人だけだと他にまわる場所も特になく、この金額は
ちょっと難ありでしょうか...

あっ、ブロックで出来た芸術品にはちょっと目を引かれるものがありました!(^o^)
181021_8.jpg  181021_9.jpg

今回は日帰りで慌ただしかったのですが、帰りには、北軽井沢を代表する観光スポット
「鬼押出し園」にも立ち寄りました。
oni_logo.gif
181021_11.jpg  181021_12.jpg

現地の解説によればここは、1783年の浅間山大爆発による溶岩の凝縮地帯で、
世界三大奇勝の一つだそうです。

かなり広く、噴火の溶岩の凄まじさを実感。様々な奇岩を見ることができました。
181021_10.jpg  181021_13.jpg



これから各地で紅葉の本番を迎えますね。
皆様はどこの紅葉が好きでしょうか。絶景の場所があったら是非教えて下さい(^^)ノ

京橋NOW・17 -巨大再開発エリア-

181007_11.jpgこんばんは。

最近、ランチに行った時、"なんか風景が違うなー"と思ったら、
たくさんあったビル達が全て解体されて、見晴らしがとっても良くなっていたんです。

写真の場所、前は全部ビルだったのですが、今や目の前に東京駅がある!!
(正面に見えている帆のようなものが東京駅のグランルーフです)

東京駅、こんなに近かったのー!?とランチメンバーと一緒に驚くばかり。
ここからまっすぐ東京駅、行かれたら楽なのにねー、と。

そういえば最近ブログで「京橋NOW」のコーナーをやっていないな...と思い出し、
連休中、地下謎をやりに近くに来たついでに写真を撮って来ました。

看板を見てみると、ほほう...
解体と埋蔵文化財調査(!)をやっているようです。何か埋まってるか...!?
181007_12.jpg

この辺り、住所は八重洲ということで厳密には「"京橋"NOW」ではありませんが、
会社のすぐ近くということで広い意味で捉えていただければ幸いです(^_^;)

工事現場の周りを少し歩いてみました。平日と違ってほとんど通る人もいなくてひっそり。
181007_14.jpg

日曜日で工事もやっていなかったので、ちょっと隙間から中を覗かせて頂きました。
本当に広ーーーい。そして、空も広い。
181007_13.jpg

こんな巨大なスペースに一体何ができるのでしょう。

ちなみにこれが東京駅。 レンガ造りで有名な丸の内側と違って無名な八重洲側です(^_^;)181007_15.jpg  181007_16.jpg

先程の工事現場を東京駅から見たところ。エドグラン(写真の一番高いビル)がかなり下の方まで
見えていますねぇ。
181007_17.jpg

まだ建築計画の札はなかったので何ができるか不明ですが、変化の様子はまた
このブログでも紹介できればと思います。

それではまた!

追伸;
京橋NOWを書くにあたって過去のこのコーナーを見直したら、既に懐かしさ
満載でした・・・

東京を、謎と旅する。-地下謎2018-

metro_rosen.jpg
  
181007_1.jpgこんばんは!

待ちに待った(?)秋の一大イベント、東京メトロの「地下謎」が今年もやって来ました(′▽`o人)

毎度ブログに書いていますが、謎解きイベントだけあって行った場所も写真も
載せられず、あまり記事として書くこともないのですが、ネタバレにならない程度に
レポートします。

でも、これから挑戦しようという方は、念のため以下は読まない方が良いかな...

metro_rosen.jpg

例年と変わりなく、地下謎をやるには専用の謎解きキットが必要です。
キットを買えるのは、6ヶ所の駅の定期券うりば。
私が行ったのは東京駅です。地下謎キット販売専用デスクができていました。
181007_3.jpg

年によって色が変わりますが、いつもの謎解きキット。
ただ、中身(謎解きに使う各種のもの)は毎年全然違います。...今年も凄い!! (中身はもちろんヒミツ)181007_8.jpg

最近、地下謎の人気が上がり、この3連休は連日キットの販売がお昼位で
休止していました。混雑緩和のためだそうです。

現に、謎解きポイントに行くと、いるのはキットを持った人ばかり。
それ以外の人をあまり見かけない場所もあって、周辺のお店は地下謎効果で
売上大幅増だろうな...なんて考えてしまいました。
181007_6.jpg  181007_9_1.jpg

今回驚いたのは、私が毎日のように通っている場所が、謎解きの重要ポイントに
なっていたこと。

地下謎を解く人であふれ、いつもと全く違う光景が広がっていました。
とある謎解きポイントについては、今までそんな風に眺めたこと全くなかった...というのが感想です。
(それが謎解きの楽しいところでもあります)
181007_7_1.jpg

地下謎が始まって1週間程経つのに、そこが謎解きポイントになっているなんて
全く気が付きませんでした(平日、こんな状態になっていればさすがにすぐにわかります...)。
それくらい、平日と週末で挑戦している人数の差が大きいのでしょうね。

さて、今回の地下謎は、謎を解く方法がいつにも増して多彩。
これは公式サイトでも事前に発表になっていますのでネタバレにはならないはずですが、
まずはこれ。

「謎解き公衆電話」
181007_4.jpg

某駅に設置されているのですが、台数が少なく大行列( ̄□ ̄;)
地下謎やってる人、こんなにいるの・・・?って感じです。
並んでいる間、ちょうど人が入れ替わる瞬間を狙ってパシャリ☆ 

そして、これは昨年もありましたが「謎解き自動販売機」。
(普通に飲み物買えます)
181007_5.jpg

これらをどうやって謎解きに使うのか・・・?
それはやってみてのお楽しみです。
電話は"そう来るかー!"と、意外と感動だったなぁ。。。

謎解きにかかった時間は、食事なども入れて8時間くらい。
10月なのに真夏のような暑さで動きが鈍ったのと、途中行き先の指示を読み誤って
時間を大幅ロスをするも無事にクリア!
丸一日かかって、足が棒のようになるほど疲れはしますが、クリアした時の達成感は最高♪

しかしながら実は・・・

最後の問題は家でも解けるのですが、それだけがどうしてもわからず、他の人の
ツイッターなどにとにかくヒントを求めて、翌日ようやく解けた次第です(・_・)
ブログで"解けない"と報告しなくて済んだ(^_^;)(汗)

この最後の問題も含め「地下謎」は、謎そのものというか、謎の解き方が本当に凝っていて面白い!
解けた時の感動はやった人にしかわからない!目からウロコ。
作った人には感服するばかりです。

↓クリアしたらこの写真をシェアするように書いてあったので、SNSではないですが
 アップします。
181007_2.jpg
今年も楽しませてもらいました。また来年o(^。^")o
181007_10.jpg

あ、このイベントは来年1月までなのでまだまだやっていますよー。


河口湖畔へ

180923_1.jpg


みなさん、こんにちは!
ホウキ草(コキア)です!


・・・って、私が目を貼り付けたわけではないんですよ(^_^;)

ここは、山梨県の川口湖畔にある大石公園という公園。
一部のコキアがこのように顔になって展示(?)されていました^^

目をつけたくなる気持ち、わかります。
私も実は、写真を撮るなら目とシルクハットでも被せて・・・とか
考えていましたので(^^;) 


コキアは紅葉して赤くなってからが有名ですが(過去に茨城のひたち海浜公園で見た
真っ赤なコキアの記事はこちら)、その前の緑色の時は、可愛さでは赤い時に勝って
いると思います♪

たくさん集まると...
もこもこ、もこもこ。
180923_3.jpg

180923_2.jpg


















コキアの群生は、このように綺麗に整備された「花街道」を抜けた先にあります。
180923_4.jpg

180923_6.jpg

コキア以上に注目されていたのは、こちらの花↓
ススキのようにフワフワ感が物凄く、存在感抜群!180923_5.jpg

通りかかる人みんな驚いて"何これ!?"と立ち止まって写真を撮っていました。
私も初めて見たこの花は・・・イネ科のミューレンベルギアという草だそうです。
ピンクのような、紫のような色も綺麗。

3連休、どこにドライブしようかさんざん迷い、これといった花もない今の時期に
何となく行った河口湖でしたが(その割には大渋滞で行くのに5時間もかかって、
滞在時間短か過ぎ...)なんとか気分転換ができた休日でした。

それでは、また一週間頑張りましょう!
 

続・美術館謎解きデー

IMG_20180909_0001.jpg

こんばんは!

先週、"東京メトロ&ミュージアム謎解き"が時間切れで終わってしまったので
前回のブログ参照)、この連休で続きにチャレンジして来ました。

7つのミュージアムと7つの駅をまわる今回のミステリーラリー。
先週はミュージアム4つと駅3つで中断してしまいました。

今回は、夕方から行動開始!
なぜかというと、夕方になると無料で入れる美術館があるから(^_^;)

※ミステリーラリーのイベントは昨日で終了しているので、今回は多少謎解きに関係している画像も含まれています。



今回、まず向かったのは上野です。

上野といえば、桜の時期のお花見か、ここ↓のイメージです。
180915_1.jpg

そういえば、パンダのシャンシャン、1歳になったんだなぁー、まだ見に行ったこと
ないけど・・・
180915_2.jpg


180915_3.jpgこの時、まもなく16時で「入園締め切りでーす」とアナウンスしていましたが、その時点でもパンダの待ち時間は「60分以上」とのこと。
相変わらずの人気のようですね!

私は、パンダを見るなら和歌山のアドベンチャーワールドに行ってみたいなぁと思っています。この前赤ちゃんも産まれたしpanda.jpg
おっと!
最初から話がそれまくってしまいましたが、動物園は素通りで、向かったのは
「東京都美術館」です。日本で最初の公立美術館ですね。

180915_4_1.jpg  180915_5.jpg

鈴木久雄作(1977年)『P3824 M君までの距離』
180915_18.jpg

続いて、歩いてもすぐの場所にある「国立西洋美術館」へ。
2016年に世界文化遺産に登録されています。
180915_6.jpg
ここには、実業家 松方幸次郎がヨーロッパで買い集めた「松方コレクション」を中心に
約6,000点の作品が所蔵されています。

ヨース・ファン・クレーフェ作『三連祭壇画:キリスト磔刑』
180915_7.jpg

謎解きは、ヒントを見てしまいましたが(^_^;)なんとかクリア。
続いて、両国駅へ。

ところでこのミステリーラリー、東京メトロのイベントのはずなのに、
東京メトロが走っていない駅のミュージアムを入れるのは何とかしてほしい(-_-)
せっかくメトロの24時間券を買っても使えず他社線で別料金とは...

さて、両国駅といえば何といっても相撲です。只今、秋場所開催中。
180915_8.jpg  180915_9_1.jpg

今日も満員御礼。
ちょうどこの日、テニスの大坂なおみ選手も観戦に来ていたそうです。
180915_10.jpg

例によって両国国技館は素通りして、向かったのは「東京都江戸東京博物館」。
もう辺りは暗くなって来ましたが、土曜日は19:30までやっています(他の曜日は17:30まで)。
180915_12_2.jpg
江戸東京博物館には一度行ってみたいとは思っていましたが、こんな形で訪れることに
なろうとは(^_^;)

マスコットキャラクターは"ギボちゃん"。
ギボって何のこと・・・?と思ったら、日本橋の欄干にある擬宝珠(ぎぼし)がモデルだそうです。
180915_13.jpg  180915_14.jpg

館内はかなり広く、江戸→明治→昭和まで様々な展示があります。

↓銀座煉瓦街の緻密な模型。写真では一部しか見えませんが、圧巻の規模です。
 今の銀座4丁目交差点あたりだそうですが、今よりお洒落に感じてしまいます♪
 人力車がひっくり返っている場面?!大丈夫でしょうか??180915_15_1.jpg

↓神田駿河台にあるニコライ堂の模型。昔は東京中から見えたそうです。
180915_16.jpg

180915_17.jpg

→凌雲閣模型。

1890年に日本初の電動式エレベーターを備えた建物として造られましたが、関東大震災で崩壊、解体されたものだそうです。

・・・と!
展示物を見るのに時間を取られていたら、謎解きが想定外に難しく、閉館時間が迫る危機に!! (゜ロ゜;) マズイ!!

閉館10分前のアナウンスが流れてもまだ謎の答えがわからず、焦る一方。
"まさかここまで来て無念のリタイア・・・!?"と諦めかけた時、
最後の瞬間に何とか解けて無事に脱出出来ました。
その時既に「本日は閉館しました」と流れていました...ふぅ、間一髪。

ミュージアムの謎解きはこれで全て終わり、この後駅4か所に挑戦しました。

遅い時間だと、謎解きに挑戦している他の人に出会うことがなく、人だかりで答えの場所がわかってしまう・・・ということもないのでなかなか良いです。

結局この日、家に帰り着いたのは23時近くでした。

謎解きにかかった時間(食事等も含む):1日目→8時間、2日目→8時間、計16時間、約40,000歩。
とてもボリュームのあるミステリーラリーで楽しかったです。

今回、謎解きに使われた美術品は、これからも忘れないだろうなぁと思います。

普段、行く機会もない場所に行くきっかけもできるので、またこういう
謎解きイベントがあれば参加したいです!

おわり。

180915_21.jpg  180915_19.jpg  180915_20.jpg

美術館謎解きデー

こんばんは。
また久しぶりの更新になってしまいました。

昨日は、東京の美術館巡りをして来ました!
・・・いえ、美術が趣味というわけではなく、東京メトロの謎解きイベントです(^_^;)

IMG_20180909_0001.jpg 

7つの美術館と7つの駅をまわり、謎を解く・・・というこのイベント。
私の謎解き好きを知っている会社の先輩が「こんなのあるよ」と教えてくれたんです。

"美術館を7つもまわるなんて、相当お金がかかるんじゃないの・・・?"と
思いましたが、そうでもないことがわかり、それならばと、いざ謎解きの旅へ!!

(※7つの駅については、美術館で謎を解かないとどの駅に行くかわからないものなので
ここでは触れませんが、7つの美術館は最初から公表されています。)

まずは、目黒駅へ。

これは全くの偶然なのですが、昨日は「目黒のさんま祭り」の日でした。
180909_5.jpg  180909_6.jpg

岩手県宮古漁港のさんま7,000匹を炭火焼きして無料配布!
ということで物凄い人、人、人・・・。一体どこまで続いてるの・・・
180909_8.jpg  180909_9.jpg

サービス精神旺盛な商店街の方々。TVの取材も来ています。
180909_10.jpg  180909_11.jpg
180909_12.jpg  180909_13.jpg

徳島県産のすだちと、栃木県産の大根おろしも添えられ、皆さん美味しそうに
食べていました。
180909_20.jpg

おっと!
さんまでのんびりしている場合ではない!今日の目的は美術館だった。

最初にやって来たのは「東京都庭園美術館」。
ここの謎解きの舞台は庭園にあるそうですが・・・

なんと!さんま祭りのため今日は庭園の入場が無料に!! ヽ(・∀・)ノ ヒャッホーイ 
チケットにも「さんま祭り」と書かれていました(^_^;)わ、笑える...
180909_7.jpg  IMG_20180909_0002.jpg
元々皇族の邸宅だったというこの美術館。
建物自体も美術品といえるようです。
180909_14.jpg

素敵な雰囲気。
180909_15.jpg

広い敷地の中に日本庭園や西洋庭園もあって、一瞬ここが東京都心だということを
忘れてしまいそうです。
180909_16.jpg  180909_17.jpg

次は、歩いて恵比寿ガーデンプレイスに向かいます。
それにしても、もう9月なのに真夏のように暑い・・・。

恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」。ここが次の謎解きの舞台です。
180909_18.jpg

写真の美術館があることすら今まで知りませんでした。
180909_19.jpg

恵比寿ガーデンプレイスはどこも絵になりますね♪
180909_1.jpg  180909_2.jpg

ランチで高層階からの眺めを楽しんだり・・・
180909_3.jpg

当社とグループ会社の東天紅(ここではLUCIS(ルーキス)という名前ですが・・・)が
ガーデンプレイスに出来たとは聞いていたけどここにあったのかー!と発見したり・・・
180909_4.jpg

この謎解きイベントがなかったら全く来る機会もなさそうな恵比寿ガーデンプレイス、
思わぬ体験ができました。

続いては、乃木坂(or 六本木)にある「国立新美術館」。
180909_21.jpg

建物が斬新。
180909_22.jpg

中も斬新。
180909_23.jpg

こんなところがあるんだという発見も、謎解きイベントの魅力です♪

続いて、竹橋にある「東京国立近代美術館」。
閉館時間ギリギリに滑り込みました。
180909_25.jpg

美術品とは別に、こんなところが↓
180909_24.jpg

部屋に入ると、皇居と丸の内のビル群が見えます。
180909_26.jpg

と、ここまで美術館を4つまわりましたが、ここで時間切れ!
1日では7つの美術館と7つの駅はまわり切れず、次回に持ち越しとなりました。。。

といってもこのイベント、来週で終了なのですが...果たして、謎の答えに
辿り着けるのでしょうか。

続く(?)。

...歩き過ぎて足の裏にマメができて痛い(>_<)
こんばんは。

前々回のブログでたまたま「偉人伝」のことを話題にしたので
本題に入る前に・・・

私は、尾畠春夫さん(山口の行方不明の2歳児を見つけた78歳のボランティア)のような
方こそ、「偉人伝」で子供に何か感じてもらうのにふさわしいのでは・・・?と思ってしまいました。

「子どもっていうのは上に上がるのが好きみたい」という確信であっという間に
見つけてしまった・・・この言葉で、この方は本物だ・・・!と感じました。

当社の某スタッフも3歳の頃にお花畑で行方不明になり、見つかった時は上に上に
上っていたとのこと(...本人は全く覚えていないそうですが、お母様いわく、理由は
"お花がきれいだったから!"(^^)だったそうです)。

尾畠さんのボランティアでの座右の銘は、「朝は必ず来るよ」。
私も頑張ろう(ノД`゚)゚



180818_1.jpg
さて、余談が長くなりましたが、今日は、先日ブログで
下見の様子もご案内したツアー・・・

『トラぽんの夏休み エリック・ワイナイナさんとサファリ体験@富士サファリパーク』の模様をお届けいたします!

オリンピックメダリストのエリック・ワイナイナさんと一緒に富士サファリパークに行って、動物のことをいろいろ聞いて楽しもう!という内容の"プレミアム"なツアーです。

さてさて、どんなツアーになったのでしょうか。



朝8時に、東京駅を出発です。

「後ろ、聞こえるかな?これから富士サファリパークに行くよ。みんな、楽しもうー!」
180818_2.jpg

あれ・・・?ちょっと渋滞・・・?
180818_3.jpg

海老名SAで休憩。
「トラぽんの夏休み」というタイトルだけあって、トラぽんがバスに乗ってますヽ(゚∀゚)ノ  
いっぱいバスが並んでいるので迷わないように目印。
180818_4.jpg  180818_5_1.jpg

サービスエリアを出た後は、クイズ大会。
「アジアゾウとアフリカゾウ、どっちがアフリカゾウ・・・?
 これからサファリパークで見るよ。覚えておいてね!」
180818_6.jpg

見事クイズに正解すると、エリックさん(親しみを込めて、以降こう呼ばせて
いただきます)からの豪華プレゼントが・・・!
180818_7.jpg  180818_8.jpg
180818_9.jpg  180818_10.jpg

子どもからの質問に答えて、マサイ族の布の巻き方を披露するエリックさん。
動物以外にもケニアのこと、いろいろ教えてくれます。
「他には?何かある?何でも聞いてね。」
180818_14.jpg

そうこうしているうちに、いよいよ近づいて来ました。素敵な道。
180818_11.jpg  180818_12.jpg

約3時間15分で富士サファリパークに到着しました。

まずはバスで園内を回りますが、このツアーのプレミアムなところその1。
エリックさんと富士サファリパークの専門ガイドの方の2人から動物の解説が聞ける!
180818_15.jpg

アフリカにいる動物のことはエリックさんが、アフリカにいない動物のことは
サファリパークのガイドさんがマイクを交代しながら話をしてくれます。
このお2人はお互いを"先生"と呼び合い、質問をしたりしながらとても充実の解説です。

さあ、アジアゾウとアフリカゾウ。どっちがどっち!?
「バスの中でやったの覚えているかな?」
180818_16.jpg  180818_17.jpg

サファリパークのガイドさんも、エリックさんから生の説明を聞けたことに
感激し、今後お客様へのご案内に生かしたいとおっしゃっていました。
180818_18.jpg

下見の時にもご案内しましたが、お昼は"富士山カレー"をご用意。
食事の時の水は富士山の伏流水(画・富士山 byエリックさん)を使っています。
180818_19.jpg  180818_20.jpg

午後は、歩いて回る"ウォーキングサファリ"に出発です!

そうそう、ツアー参加証(?)のトラぽんのストラップ(添乗員の自作)。
特に説明もしないのに皆さん、つけてくれていました。
トラぽんの名前もお客様が知っていて、トラぽんの生みの親の私としてはこれ程嬉しい
ことはありませんヽ(;▽;)ノ アリガトー!!
180818_21.jpg

このような森林の2.5kmのウォーキングコースの途中にいくつか動物を見るポイントがあります。
常に子ども達を気にかけ相手をするエリックさん。
180818_22.jpg

子供たちも最初は恥ずかしそうにしていましたが、だんだん打ち解け、最後には
絶大な信頼を得ていましたね・・・。

クマにあげるエサの話を係の方から聞いたエリックさん。・・・えっ、エサを食べてみてる Σ(゚Д゚ 大丈夫!?
180818_23.jpg  180818_24.jpg

エリックさんが話をしていると、クマが顔を覗かせました(本人全く気づいてない・・・)
動物を呼ぶ男!
180818_25.jpg

歩きながらも動物のいろいろな話をしてくれます。
サファリパークの方にとっても勉強になるみたい。
180818_26.jpg

ライオンへのエサやり。
180818_27.jpg  180818_28.jpg

いくら金網越しとはいえ、ライオンに真正面から睨まれると・・・こ、怖すぎる(((゚Д゚)))
180818_29.jpg

ここからは何が見えるかというと・・・
180818_30.jpg

夏の今のシーズンしか見られない、日本初、水中のゾウ!(下見の時はまだやっていませんでした・・・)
180818_31.jpg

このツアーのプレミアムなところその2。
タイミングが合わないとなかなか見ることができない水中のゾウが見られます。

そして、ゾウさんから歓迎の挨拶かな?!
180818_32.jpg

ウォーキングサファリは、車で回る以上に動物たちのいろいろな表情が楽しめておススメです!
まだまだ浸透していない・・・とのことですが、たくさん歩いてもOK!という方は、
このようなサファリもありますので是非行ってみてください♪



お客様はもちろん、サファリのスタッフの方や、バスの運転手さんまで、
エリックさんと2ショット写真を撮るとみんな自然と笑顔になる・・・エリックさんの人柄ですね。
180820.jpg

ツアーはまた第2弾も企画中とのこと。次回は皆様も是非一緒にいかがでしょうか。

以上!ツアーレポートでした。(※ほとんどの写真は添乗員が撮ったものではありません)

おまけ。
お客様が、ご持参のケニアの旗を持たせてくれたトラぽん。
今度はケニアに行きたいな!?☆
180818_13.jpg

22日(水)19:30から、NHKの「ZOOっと見ナイト」という番組で、ナイトサファリの
生中継があるそうです。夜の動物たちの様子が見られるかも!?
私もナイトサファリ行ってみたい・・・。

メキシコ旅行記@フォートラベル

こんばんは!

実は、特にお伝えはしていなかったのですが、先日のメキシコの旅行記を
旅行情報サイトの「フォートラベル(4travel)」の方にも書いてありまして・・・

それが今日、フォートラベルのトップページの「おすすめ旅行記」に
掲載されてしまいました( /ω)ハズカシイ...
  ↓
180814.jpg

せっかく選ばれたのなら!とこちらのブログでも紹介させていただく
ことにしました(^_^;)

それにしても、以前にも同じようなことがあったのですが、この「おすすめ旅行記」って
どんな基準で選んでいるんでしょう。。。膨大な数の旅行記の中から。。。(謎)


このブログを読んでいただいている方には写真や文章が重複してしまうところも
あるのですが、フォートラベルの方はより詳しい旅行記になっています。

メキシコの旅の様子がもうちょっと知りたい!という方は読んでみて下さいね♪

(フォートラベル旅行記)
カラフルメキシコ★ピンクラグーン&ターコイズブルーのカリブ海


それではまた(^O^)ノ

偉人伝

皆様、こんばんは。

世間一般ではお盆休み、今日は仕事はお休みという方も多いですね。

私事ですが、本日一つ歳を取ってしまいました...
先週末、会社の仲間(大先輩まで)がお祝いをしてくれ、大変恐縮して
いるところでございますm(_ _)m

さてさて、夏休み真っ只中の今日は、ちょっとゆるーい話題です。

皆様は小学生の頃に、まんがで偉人伝を読んだことはありますか?

ヘレンケラーやエジソン、メキシコに銅像もあった野口英世などなど・・・
世界や日本の偉人の方々の伝記ですね。
学習用のまんがですが、私ははて...読んだことがあったかなかったか...

そんな偉人伝に、先日、とある人がラインナップされたとの情報をゲットし、
大人なのに即、予約購入してしまいました!

↓ これ

180813_1_1.jpg

"人"じゃないし(^_^;)

この方(?)はもはや偉人ですか・・・(゜ロ゜)
ヘレンケラーやエジソンと同じレベル?! まさか...

ちなみにこの偉人伝、人以外のものが取り上げられるのは初とのこと。

内容は、初期の頃の営業活動や、熊本の震災時の苦悩、そこからの活躍などです。
180813_2.jpg


180813_3.jpg
タイトルには"次世代のリーダー"とあります。

子供はどう感じるのかよくわかりませんが、大人にも響くものが
あります。
簡単なまんがなのに、結構考えさせられるところもありました。

2016年4月14日の大地震。

その日を境に、毎日更新されていたツイートが途絶えてしまったことは
ニュースにもなりました。

このまんがを読んで、またあの頃のことを思い出している今日この頃です。



もしかして、この偉人はいつか教科書に載る日が来るのでは...!?

...なんて、こちら、夏休みの読書感想文にいかがでしょうか(^_^;)



それでは皆様、よいお盆休みを!
180726_9_1.jpg

こんばんは。
メキシコレポートも今回が最終回となります。

最後は、メキシコといえばほとんどの人はここが目的では?という場所、カンクンです。

40数年前まではただのジャングル。
お金が入って来るようにと、アメリカのマイアミをイメージしてリゾート開発されたのが
カンクンです。
この町は本当にアメリカのような雰囲気です。他の町と違って英語も通じ
やすいし(他の場所では全く通じません...)、アメリカドルも使えるお店が多いです。

美しいラグーン。
180726_3.jpg  180726_4.jpg

2014年オープンの高級スーパーマーケット。ホテルに近かったので何度も通ってしまいました。
2階にはイートインコーナーもあり、暑い中歩き回った際の休憩にも使えそう。
180726_7.jpg

ランチはラグーンビューの絶景レストランにて優雅なひと時(*´▽`*) なんか、バカンスって感じ♪
180726_6.jpg  180726_5.jpg

ホテルゾーンではバスも便利に乗ることができます。料金も一律12ペソ(約80円)。
180726_8.jpg

バスで、ドルフィンビーチという場所にやって来ました。
この行列、何に並んでいると思いますか??
180726_2.jpg

↓実は、この"カンクンサイン"で写真を撮るための列なんです。
  この時の待ち時間・・・20分。
180726_1.jpg

見事に二色に分かれて見える美しい海と白砂のビーチ。これぞカリブ海!!

・・・なのですが、ここでカンクンの現実を一つお伝えしておこうと思います。

今まで載せた写真のように、ターコイズブルーが美しいカンクンの海ですが・・・
次の写真を見てください。

↓海岸線が茶色い・・・?
180726_10.jpg

これは、カンクンが3年程前から悩まされているという、藻の大量発生です。
時期にもよるようですが、今年は3月頃からこのような状況とのこと。
藻が漂着すると匂いもあり、このような場所では海水浴ができません。
しかも、結構広範囲です。

カンクンに訪れる日本人の9割はハネムーンだと言います。
知らずに行って"こんなはずじゃなかった・・・"とならないためにも、藻については
最新の情報収集が必要かもしれませんね。



ちょっと真面目な話。

IMG_20180730_0001.jpg今回、メキシコはピンクラグーンが目的で、他の場所のことはあまり
知らなかったのですが、人、観光素材、食事等あらゆる面で大満足で、メキシコのイメージが大きく変わりました。

先日、社内で回覧している業界誌に、"メキシコの日本人の観光客(ビジネス客は伸びているようですが)誘致の課題"・・・というような記事が載っていました。
まだまだメキシコに観光で訪れる日本人は少ないのが現状です。

少ない中でも観光客が一番多いであろうカンクンが、藻の影響で危機的な状況になってしまったら大問題!

そんな時、ひょっとしたらピンクラグーンが救世主となってくれるのでは・・・(・_・)?
なんて考えてしまいました。

観光大国メキシコ、これからも目が離せません。

以上!メキシコレポート、これにて終了となります。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました(^o^)
180725_1.jpgこんばんは。
今日はアエロメヒコ機の墜落事故のニュースが流れ、4日前に
利用したばかりの私は他人事のような気がしなくて複雑な心境でした。

さて、今日はメキシコレポートの3回目です。
今日は、これを見るためにメキシコに行きたかった、その場所を
紹介します!

通称"ピンクラグーン"または"ピンクレイク"。

このピンクラグーンのある場所は、何もない田舎町で公共の交通機関もほぼ無く
とても不便ということで、拠点となるカンクンからのオプショナルツアーに参加しました。
今回はそのツアーの内容も含めてレポートしたいと思います。



カンクンからピンクラグーンへは、片道約280kmあります。
自宅から先日行った南伊豆よりさらに遠い距離...(・_・)
ただ、何もないジャングルの中の一本道を進むだけなので渋滞や信号とは無縁で、
約3時間半で到着します。

7:00にカンクンのホテルを出発。

↓途中の休憩場所の隣にあった、テキーラの原料であるリュウゼツラン。
 なんと、テキーラ村のリュウゼツラン畑は世界遺産に登録されているとか。
180725_7.jpg

ピンクラグーンに到着。
ここは事業用の塩田で、いわば企業の"私有地"になります。
観光客が増えると、そのうち入場料を取るようになるかも・・・とガイドさんが言っていました。
180725_5.jpg

右にピンクラグーン、左にメキシコ湾を見ながら奥へと進みます。とにかく暑い!!
180725_2.jpg

周りが何もない静かな場所ということもあって、天国に来たんじゃなかろうか?!と
感じてしまう程の絶景。 
180725_6_1.jpg 
詳しくはわかりませんが、塩の精製過程において、水の色は最初は透明、
3年経つと少しピンクになり、5年でさらに濃いピンク色になるのだそうです。

↓湖岸の真っ白いものは塩の結晶。
 バイクの車輪の跡で線が引かれていますが、この線より中には立入禁止。
180725_3_1.jpg

ガイドさんが、ピンク色になる原因の生物を見せてくれました。赤い色素を持つ、アルテミア(?)。
エビに似ています。
これが大量にいるからピンク色に見えるんだそうです。自然って凄い!
180725_8.jpg  180725_9.jpg

ピンク色に見えるかどうかは天気が全て。
晴れてくれて本当によかった。。。

天気が全てと書きましたが、ピンク色に見えなくなる要因がもう一つあります。

塩づくりの業者さんも、ここがそこまで観光地化するとは考えておらず、
昨年の6月から8月にかけては塩の抜き取り作業を行ったためにほとんど
ピンク色に見えなくなってしまったのだそうです。

現在、もし収穫時期に当たってしまった場合は、別の場所でピンク色のところへ案内
してくれるとのことでした。

↓採られた大量の塩の山。食用になります。ちなみに塩はピンクではなく白です。
180725_4.jpg

ピンクラグーンを見た後は、ボートに乗ってジャングル体験へ!
180725_19.jpg

船長さんが捕まえた、絶滅危惧種のカブトガニ(海の"○○○○"...。"○○○○"は
一緒に行った友人が書かない方が良い!というので伏字に^_^;)
180725_12.jpg

フラミンゴやワニも見えました。
ワニは船長さんがサンダルで水面を叩いておびき寄せてくれましたが、ガイドさんいわく
この時期に見られるのは20回に1回程度なのだそうです。
180725_11.jpg  180725_10.jpg

一旦ボートを下りて上陸。
この白いところに穴を掘って(元々掘ってある)、紙粘土のような海泥を全身に塗る「泥パック」をします。
私たち以外には誰もいないので気兼ねなし。
180725_15.jpg

しばらく泥を塗ったままクルーズを楽しみ、絶景ビーチで泥を落とします。
ここも誰もいなくてとても気持ちいい!
これがメキシコ湾の海の色です。次回ご紹介するカンクン(カリブ海)の海の色とは全然違います。180725_13.jpg  180725_14.jpg

ボートの終点は、リオラガルトスという港町。
180725_18.jpg

メキシコ湾を眺めながらのランチです。ちょうどこの日は町のお祭りだとかで、馬を率いた行列が続いていました。
180725_16.jpg  180725_17.jpg

ランチの後は、ただひたすらカンクンに戻ります。

ピンクラグーンにジャングル、絶景ビーチと、大満足の一日でした♪

個人で行くにはなかなかハードルの高い場所なので、今回
一緒に行ってくれた友人には大感謝!です。

さてさて、早いもので(いや、長過ぎ・・・?)メキシコレポートも
次回が最終回になります。
それでは、また次回お会いしましょう!
180723_16.jpgこんばんは!

今日はメキシコレポートの2回目です。

前回のメキシコシティから飛行機で一路、ユカタン州のメリダにやって来ました。

メリダは、野口英世博士が黄熱病の研究のため滞在したことがきっかけで、
とある病院に野口英世の銅像(ちょっと小さいですが...)がある町です。

        ↓ユカタン州にしかないという、"カップル椅子"。
180723_17.jpg

標高が2,000m以上あって涼しいメキシコシティとは打って変わって、
気温は40℃近い灼熱の地。

そんな中での遺跡観光、それはもう大変です。。。

まずはウシュマル遺跡(7世紀・マヤ文明)へ。
180723_1.jpg

その前に、あちこちで見かけるフランボヤンの花も綺麗に咲いています。
180723_2.jpg

遺跡に入っていきなり見えて来るのは魔法使いのピラミッド。
180723_3.jpg

ここの遺跡は、装飾などがかなり綺麗に残っているのが特徴です。広くて暑くて、歩くだけでも一苦労。
180723_4.jpg  180723_8.jpg

グランピラミッドの頂上に上ると・・・(前日の筋肉痛がさらに悪化しそう...)
180723_6.jpg 

この辺りは密林に囲まれ、まだ埋もれている遺跡もあるというのがよくわかります。
180723_7.jpg  180723_5.jpg

続いて、近くのカバー遺跡へ。ゾウの鼻のような雨神「チャック」が物凄い数います。
180723_9.jpg  180723_10.jpg

イグアナにもかなりの頻度で遭遇します。
180723_11.jpg

マヤの遺跡を見た後は、マヤ族の末裔の方の家庭を訪問。
180723_12.jpg

ハンモックの使い方を教えてくれるお父さんと、トルティーヤを焼いてふるまってくれた奥さん。
180723_13.jpg  180723_14.jpg

日常生活ではスペイン語を使わざるを得ないそうですが、マヤ語での祈りも
見せてくれました。
180723_15.jpg

さて、メリダから次の目的地のカンクンに向けては陸路で移動です。
その途中にメキシコで一番有名な遺跡があります。

■チチェン・イッツァ遺跡
180723_20.jpg  180723_21_1.jpg
カレンダーの役割も果たしていたピラミッド。昔の人の知恵には驚くばかり。

修復が行われているのは北と西の面だけで、東と南は↓のように未修復。全然違いますね。
180723_24.jpg

マヤ文明では生贄が行われ、生贄の心臓を置く「チャックモール」(左)や、生贄が
投げ入れられたセノーテ(聖なる泉)も見ることができます。
180723_18.jpg  180723_19.jpg

他の遺跡ではなかったのが意外だったのですが、ここチチェン・イッツァでは、お土産屋さんがたくさん出ています。
遺跡自体が広いので、全部見切れない程。
180723_22.jpg  180723_23.jpg



遺跡観光の暑さをクールダウンするには、セノーテが一番!?
(もちろん、先程の生贄のセノーテとは違います...)
セノーテとは、ユカタン半島にしかない、石灰岩質が陥没してできた穴に地下水が
たまった、「聖なる泉」。

グランセノーテやセノーテ・イキルが有名ですが、他にも数千のセノーテがあり、
私たちが行ったのは「セノーテ・サムラ」という所。
180723_25.jpg

このような穴の下がどうなっているかというと・・・
180723_26.jpg

神秘的な雰囲気の中、泳げるようになっています。
明かりは穴から入る光だけなので薄暗いですが、冷たくて気持ちいいー!
180723_27.jpg

真水で海水のように浮かない上、深いところは17mもあるそうで、ちょっと怖い。。。
ガイドさんいわく、ここはマイナーなのでいつもは貸切状態とのことでした。



次回はいよいよ、私がメキシコ行きを決めた、一番行きたかった場所の
紹介になります♪
美しい景色が・・・!?お楽しみに。

おまけ。
今日の記事の中にトラぽんは4回登場しています。全部わかるでしょうか!?
180722_1_1.jpg皆さま、こんばんは!
先週1週間、夏休みを頂きメキシコに行って来ました。torapon_mini.jpg

レポートは長くなりますので、全4回のシリーズでお届けいたします(^_^;)

まず今回、タイトルに"トラぽん、メキシコに行く。"とつけたのですが、これは私のこと
ではなく、正真正銘の(?)当社SNSマスコットキャラクターのトラぽんのことなんです。


↓ジャーーーーーーン! テオティワカン遺跡、月のピラミッドに上るトラぽん。
180722_2.jpg

このトラぽんのぬいぐるみ、なんとアルバイトの"サブトラぽん"さんの手作り!
私がメキシコに行くということで、「一緒に連れて行って」と作ってくれたんです。
とっても上手だし、社員以上の"会社愛"に私はいたく感激してしまいました。。。

ということで、今回のメキシコレポートにはところどころトラぽんが登場しますので
探してみてくださいね♪



さて、首都メキシコシティ近郊の観光の目玉は何と言ってもテオティワカン遺跡(紀元前2世紀頃)です。

180722_6.jpg

この日は日曜日だったのですが、日曜日はメキシコ人の方は入場が無料ということで、
物凄い混雑。世界で3番目に大きいという「太陽のピラミッド」は、上り始めるまでに
45分待ちました(-_-;)。 
最近は外国の方も"日傘"を使うんだなぁと妙に感心しつつ...。昔は見なかった光景です。
180722_3.jpg  180722_4.jpg248段を上り切った「太陽のピラミッド」頂上からの眺めが冒頭の写真。
見えているのは「月のピラミッド」とそこからまっすぐ長く続く「死者の道」です。

月、太陽と2つのピラミッドを上ったら、翌日筋肉痛が酷かったです。。。(>_<)

↓ランチのビュッフェにて、サボテンの実。サボテンはサラダ等いろいろなもので出て来る、
 メキシコでは日常的な食べ物。右の写真に写っているのはサボテンジュース。
180722_7.jpg  180722_8.jpg

↓市内にある、バスコンセロス図書館。なぜ、図書館が観光場所に入っているのでしょう?
 ただツアーに含まれていただけでよく知らなかったのですが、"写真スポット"だとあります。
 外観はごく普通なのですが・・・
180722_11.jpg  180722_12.jpg

中に入ると、超近未来的なデザイン!「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」に選ばれているのだとか。
180722_9.jpg

斬新な書棚の配置。空中に浮いているようです。中央にある、鯨の骨の彫刻も印象的。
180722_10.jpg   180722_18.jpg

設計はアルベルト・カラチという建築家で、2006年に開館。
太陽の光が取り込まれて明るく、椅子は木だったりして、無機質な中にも
ぬくもりが感じられる空間でした。

図書館の次は、大学(!)に移動です(観光っぽくない...)。
メキシコで一番長い国道、インスルヘンテス通りを通り、広大な大学敷地(敷地と言うか
もはや広すぎて"都市")に入ります。

↓1968年、メキシコシティオリンピックのメイン会場だったスタジアム。
 現在は地元のサッカークラブの本拠地だそうです。
180722_19.jpg

このスタジアムの前の地下道を通り、キャンパスへ。
メキシコ国立自治大学は、大学都市キャンパス自体が世界遺産。
価値のある壁画などが点在しており、↓代表的なのはこちらの図書館(また図書館!)。180722_13.jpg

こちらの面は、善と悪、天動説と地動説などが左右にそれぞれ描かれています。
スペイン語の文献を紐解いて調べたというガイドさんが、非常に詳しく説明してくれました。

岡本太郎もこの壁画を見て太陽の塔を思いついたそうです。

4面全部に壁画が描かれており、↓こちらは裏側。その大きさは圧巻です!
180722_14.jpg

メキシコシティは、市内の歴史地区も世界遺産になっています。ところで右の写真、富士山にしか見えない・・・
180721_1.jpg  180721_2.jpg

メキシコシティは昔は湖で、それを埋め立てた町なので地盤がゆるく、例えば上の写真の建物も
地盤沈下で傾いてる(((゚Д゚)))
中を歩いていても、何となく傾いてるなーってわかるほど。
道路は雨が降ると水たまりができ、渋滞がひどくなると言います。

メキシコシティ=地盤沈下の町。それがこの町の印象です。

そして、メキシコの車事情です。
これはタクシーですが、タクシーは州によって色が違うそうです。メキシコシティはピンクと白の
ツートーンカラー。新車からボロボロにつぶれた車までまちまち。
180722_17.jpg

ちなみにCDMXとは、Ciudad de Mexico=シウダッド・デ・メヒコ(メキシコの首都)の略。
あちこちで見かけます。

メキシコには車のメーカーはなく、日本車では日産が一番多いです。
二番はマツダ、三番はホンダです。
トヨタはトランプさんに遮られて今は工場がないのですが、2020年に工場ができ、
いよいよトヨタも本格的に乗り出して来る・・・以上、ガイドさんの説明からでした!

メキシコシティでの夜は、マリアッチ(ソンブレロという帽子をかぶった楽団)を聴きながら。
このマリアッチもメキシコ料理も、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。180722_15.jpg  180722_16.jpg

テキーラを飲みながら、メキシコシティの夜は更けていきます・・・

次回に続く。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 過去の記事